スズキ「ワゴンR車いす仕様車」を発売

2004.02.05 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR車いす仕様車」を発売

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」をベースに、車いすのままで乗車できるよう改装した福祉車両「ワゴンR車いす移動車」を新型に移行。傾斜角度を緩めた専用の低床フロアに改装するなど、従来型より使い勝手を高めたほか、価格を引き下げ、2004年2月4日に販売を始めた。

2003年9月に「ワゴンR」がフルモデルチェンジしたことにともない、車いす仕様車も新型「FX」(FF/4AT)ベースとなった。使い勝手を高める改良を施したことに加え、価格を10.9〜19.1万円引き下げたことが特徴。ちなみに、名称が「車椅子送迎車」から「ワゴンR車いす移動車」となった。

改良のポイントは、車いすの乗り降りに配慮した、床形状の見直し。車いす乗車部分に、専用の超低床フロアを採用。フロア傾斜角を大幅に緩くするとともに、スロープ上の突起をなくすなどして、乗降しやすくした。加えて、乗降時の意図せぬ後退を防ぐ「後退防止ベルト」を、介護者の負担を減らすべく、車いすの前部を固定する方式に変更。標準装備した。

価格は、従来の同グレードに比べ、10.9万円から19.1万円値下げされ、138.8万円から144.6万円まで。

(webCG カワデ)

 
スズキ「ワゴンR車いす仕様車」を発売の画像

関連キーワード:
ワゴンRスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】 2017.2.24 試乗記
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース