【スペック】全長×全幅×全高=4645×1835×1820mm/ホイールベース=2820mm/車重=2100kg/駆動方式=4WD/3.7リッターV6SOHC30バルブ(235ps/5750rpm、35.2kgm/3000-4500rpm)/車両本体価格=550.0万円(テスト車=同じ)

メルセデスベンツML350(5AT)【ブリーフテスト】

メルセデスベンツML350(5AT) 2004.02.04 試乗記 ……550.0万円総合評価……★★★北米で人気の“クロスオーバー”市場をターゲットに企画された、メルセデスのSUV「Mクラス」。BMWの「X5」だけでなく、「ポルシェ・カイエン」、「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」の追撃を受ける立場となった。モデル末期となりつつある「ML350」の実力は? 自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎が試乗した。
渡辺慎太郎氏。

サバイバルゲームのために

昔のメルセデスと比べれば、今のメルセデスは全車とも“メルセデスらしくない”と言える。なかでも、既存のラインナップでもっともメルセデスらしくないモデルが「Mクラス」だと思う。
理由はある。Mクラスは、商品企画の段階から、北米市場を意識して造られたクルマだからだ。これまでも、アメリカマーケット向けのメルセデスはあったが、それはW124(先々代のEクラス)に4リッターのV8を積むなど、既存の車種に手を加えたものばかり。ゼロからアメリカ人のために作られたメルセデスは、このMクラスが初めてだろう。しかもアメリカに専用工場を建設するなど、メルセデスの気合の入れようは半端じゃなかった。
そんなにアメリカマーケットは重要なのか? 重要なのである。メルセデスと同じように、アメリカ向けのクルマを開発し工場を建設したBMWや、アメリカで売りまくると正々堂々と発表したポルシェなどの動向からも察することができる。人になんと言われようと、自動車雑誌に悪口を書かれようと、アメリカで大量に売りさばいて利益を出すことが、生き残りゲームに勝つ唯一の方法だと自動車メーカー各社はそう考えているのだ。

★の数からも分かるように、Mクラスがライバルよりも秀でている部分はほとんどなくなってしまった。唯一の★★★★は、Sクラスのパワートレインのおかげ。要するに、Mクラスはもう“古い”クルマなのである。そんなことは当のメルセデスが一番よく分かっていて、次期Mクラスの開発は最終段階入っているという。シャシーは今年のデトロイトでお披露目となったGST(グランドスポーツツアラー)と共通。またしても、Mクラスはアメリカを向いてしまったようだ。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
Mクラスがデビューしたのは1997年。フルモデルチェンジはまだだが、2001年夏に大がかりなマイナーチェンジ(1000カ所以上を改良)を受けた。ドイツ本国では現在、2種類のディーゼル(直列5気筒の270CDIとV8の400CDI)と3種類のガソリン(V6の350、V8の500と55AMG)エンジンを選ぶことができる。ちなみに、現在はアメリカだけでなく、オーストリアのグラーツ工場でも生産される。
(グレード概要)
以前は正規輸入車で唯一、ディーゼルエンジンを搭載したモデルもラインナップされていたが、現在はガソリンのV6を積んだ「ML350」と、V8の「ML55AMG」の2種類のみ。ML350には、AMGスタイルのエアロパーツや18インチホイール、バイキセノンライトなどがセットになった「スポーツパッケージ」がオプション設定される。





写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【室内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
マイナーチェンジを受ける前のインテリアの質感は、「アメリカで売るからって、何も質感までアメ車にならわなくても」という代物。メルセデスの名を語るにふさわしいとはいえなかった。現行モデルはずいぶんマシになったとはいえ、Cクラスにさえ劣る部分が依然として残っている。標準装備は充分で特に不満はない。
(前席)……★★★
運転席に座ると懐かしい気持ちになる。メーターパネルの意匠や、スタッカードゲートが見えるAT(CやEはブーツで隠れて見えない)、そしてその両脇に配置されたパワーウインドーのボタンなど、一昔前のメルセデスを思い起こさせるからだ。つまり見栄えよりも機能性を重視した演出。これはこれで悪くない。ちょっと硬めのシートも昔のよう。シートポジションは手動調整式。
(後席)……★★★
フロントシートよりもわずかに高い位置に設置されているので、前方の視界は良好。2:1の分割可倒式で、前方に最大80mmまでスライドすることもできる。シートアレンジが多彩なことは、このクラスではもはや標準装備項目。ただ、Mクラスの場合はリアシートがちょっと重い。それだけ「倒す」ことよりも「座る」ことに重点を置いて設計されてシートであるともいえる。
(荷室)……★★★
トノカバーの下だけで、乗車定員分の荷物を収めるスペースを有する。アクセサリー用の12V電源ソケットも完備。広さ、使い勝手ともに申し分ない。しかしこのサイズのクルマで荷室スペースに問題があったとしたら言語道断、というのも事実である。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
「320」から「350」に格上げされたMクラスの3.7リッターV6は、基本的にSクラスに搭載されるユニットと同一である。ただし、最高出力や最大トルクは若干抑えられて235ps、35.2kgm(S350は245ps、35.7kgm)となる。2トン強のボディを動かすには充分なパワーであり、5段ATはシフトショックをほとんど感じさせない。
Mクラスの4WDシステムは、センターデフにプラネタリーギアを用いた「4MATIC」と基本的に同型。LSDがない代わりに4ETS(エレクトロニックトラクションサポート)+ESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)が、4輪を個別にブレーキ制御するタイプ。4MATICとの違いは前後のトルク配分で、Mクラスは48:52、4MATICは40:60。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
サスペンションは前後共にダブルウイッシュボーン。市街地や高速道路での乗り心地は、特別に優れているわけではないけれど、イヤな気持ちになるほど悪くもない。高速道路における直進性はそこそこ。つまり日常の走行環境下では可もなく不可もない。だからといって、ワインディングロードで飛ばしたくなるようなハンドリング性能を持ち合わせているともいえない。その一方で、以前、かなり過酷なオフロードコースでMクラスを運転したときは難なく走破した。

(写真=峰昌宏)



【テストデータ】

報告者:渡辺慎太郎
テスト日:2004年1月13日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:1万3477km
タイヤ:(前)225/60R17 108H M+S(後)同じ(いずれもDunlop SP Sport5000)
オプション装備:--
形態:ロードインプレッション
走行形態:市街地(2):高速道路(5):山岳路(3)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更 2016.11.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る