ホンダ「モビリオ」「ザッツ」に福祉車両

2004.02.03 自動車ニュース

ホンダ「モビリオ」「ザッツ」に福祉車両

本田技研工業は、コンパクトミニバン「モビリオ」に、2列目シートが回転昇降するサイドリフトアップシートを装備した福祉車両「モビリオ・アルマス」を設定、2004年2月6日に発売する。同時に、軽ワゴン「ザッツ」に、車いすのまま乗降可能とした「ザッツ・アルマス(車いす仕様車)」を加え、同月27日にリリースする。

お年寄りや身体の不自由な方向けの「アルマス」。今回発売されたモビリオのそれは、後席左側のシートを、フル電動で回転・昇降するサイドリフトアップシートとしたもの。大きく開くスライドドアで車いすからの乗り移りもラクラクできるのがポイントという。リア荷室部分には「車いす固定装置」を標準装備。後席も2つなため、通常の3列7人乗りではなく、2列4人乗りとなる。
1.5リッター「VTEC」エンジンの「WT」と、1.5リッター「i-DSI」エンジンの「W」「A」の3グレード。「W」「A」にはFF(前輪駆動)だけでなく4WDタイプも用意、また「WT」「W」グレードには左側ドアにパワースライドドアを与えた。価格は199.8万円から227.8万円まで。

一方の「ザッツ・アルマス(車いす仕様車)」は、リアハッチから車いすのまま乗り込める仕様。低いフロアに、軽量で滑り止め加工を施した2つ折りスロープを設置。スイッチ操作で車いすを固定する電動固定装置も備わる。
こちらはFF車のみで、折り畳み・着脱可能なリアシート付きが170.0万円、リアシートなしは165.0万円。リアシート付きは、通常4人乗り、車いす使用時は3人乗り、リアシートなしは通常2人乗り、車いすを加えると3人乗りとなる。

(webCG カワデ)

本田技研工業「アルマス(福祉車両)」:
http://www.honda.co.jp/welfare/

 
ホンダ「モビリオ」「ザッツ」に福祉車両の画像

「ザッツ・アルマス(車いす仕様車)」
 

	「ザッツ・アルマス(車いす仕様車)」
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る