BARホンダ、表彰台常連を狙ったニューマシン「006」発表

2004.02.02 自動車ニュース

BARホンダ、表彰台常連を狙ったニューマシン「006」発表

F1チームのBARホンダは、2004年2月1日、新型「006」をスペインはバルセロナで発表した。

■ポディウム常連を目指して

2003年、BARは“ビッグ4”(フェラーリ、ウィリアムズ、マクラーレン、ルノー)以下の激戦区でナンバー1の、コンストラクターズランキング5位でシーズンを終えた。

2004年は、チーム創設以来のエースドライバー、ジャック・ヴィルヌーヴが抜け、タイヤをブリヂストンからミシュランにスイッチ。成長目覚しい24歳のイギリス人、ジェンソン・バトンと、2002年以来のフルシーズン参戦となる27歳の佐藤琢磨というフレッシュなラインナップで、表彰台の常連を目指す。

「ホンダとの協力関係はこれまで以上に緊密化し、いまやエンジニアリングチームは完全にひとつになった」というのは、チーム代表3年目のデイヴィッド・リチャーズ。ジェフ・ウィリスが手がけた新型「BAR 006」は、剛性を増し重心が下がったシャシー、ショートスティント化にあわせ容量を縮小した燃料タンク、カーボン・コンポジット製の軽量ギアボックスなどを特徴とする。

エンジンは、もちろんパートナーのホンダ製3リッターV10。今年から施行される「1GP1基」レギュレーションにあわせつつ、小型軽量そして低重心としたという。

ミシュランとのマッチングは、集中的なタイヤ評価プログラムを組むことでシーズンに備えている。これまですでに1000本のタイヤを使用し、1万キロ以上を走行したという。

(文=webCG 有吉/写真=本田技研工業)

BARホンダ、表彰台常連を狙ったニューマシン「006」発表の画像

ジャック・ヴィルヌーヴが去ったBARホンダで牽引役を務めるジェンソン・バトン。

ジャック・ヴィルヌーヴが去ったBARホンダで牽引役を務めるジェンソン・バトン。

2002年にジョーダンでGPデビューした佐藤琢磨は、2003年、BARでテストドライブに専念。最終戦日本GPでは、参戦を取りやめたヴィルヌーヴに代わりステアリングを握り、見事6位入賞を果たした。久々の走りに期待がかかる。

2002年にジョーダンでGPデビューした佐藤琢磨は、2003年、BARでテストドライブに専念。最終戦日本GPでは、参戦を取りやめたヴィルヌーヴに代わりステアリングを握り、見事6位入賞を果たした。久々の走りに期待がかかる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。