VW「ポロ」にナビ、AVシステム付きモデル登場

2004.01.29 自動車ニュース
 

VW「ポロ」にナビ、AVシステム付きモデル登場

フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトハッチバック「ポロ」に、ナビゲーションシステムやオーディオ機能を統合する「MMS」(マルチメディアステーション)を与えた特別装備車「アベニーダ」を設定、2004年1月31日に発売する。


特別仕様車は、4ドアモデルの4AT/右ハンドル仕様。外装色は「リフレックスシルバーメタリック」「インディゴブルーパールエフェクト」「フラッシュレッド」の3色が用意される。
 

特別装備の「MMS」は、DVDナビゲーションシステムやMDプレイヤー、AM/FM/TV受信機能を内蔵した、フォルクスワーゲンの純正装備品。ベースとなる「ポロ」の4ドアモデルにオプション設定されており、価格は23.5万円だが、特別仕様車の価格をプラス11.0万円に抑え、お買い得感を出した。ちなみに、「アベニーダ」とは、「大通り」や「並木道」を意味する「Avenue」のスペイン語という。

(webCG カワデ)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る