VW「ポロ」にナビ、AVシステム付きモデル登場

2004.01.29 自動車ニュース
 

VW「ポロ」にナビ、AVシステム付きモデル登場

フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトハッチバック「ポロ」に、ナビゲーションシステムやオーディオ機能を統合する「MMS」(マルチメディアステーション)を与えた特別装備車「アベニーダ」を設定、2004年1月31日に発売する。


特別仕様車は、4ドアモデルの4AT/右ハンドル仕様。外装色は「リフレックスシルバーメタリック」「インディゴブルーパールエフェクト」「フラッシュレッド」の3色が用意される。
 

特別装備の「MMS」は、DVDナビゲーションシステムやMDプレイヤー、AM/FM/TV受信機能を内蔵した、フォルクスワーゲンの純正装備品。ベースとなる「ポロ」の4ドアモデルにオプション設定されており、価格は23.5万円だが、特別仕様車の価格をプラス11.0万円に抑え、お買い得感を出した。ちなみに、「アベニーダ」とは、「大通り」や「並木道」を意味する「Avenue」のスペイン語という。

(webCG カワデ)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」発表会の会場から 2018.3.20 画像・写真 累計販売台数は1400万台! フォルクスワーゲン グループ ジャパンがコンパクトハッチバックの6代目「ポロ」の新型を日本で発表。新世代プラットフォーム「MQB」が使用された新型の姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • 谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(前編) 2018.4.19 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回試乗したのは、フルモデルチェンジで6代目となったフォルクスワーゲンのコンパクトモデル「ポロ」。その仕上がりを、プロはどう評価するのか?
ホームへ戻る