三菱“パリダカ”優勝報告会、開かれる

2004.01.29 自動車ニュース

三菱“パリダカ”優勝報告会、開かれる

「テレフォニカ・ダカールラリー2004」で総合優勝した三菱自動車は、2004年1月28日、都内ホテルで優勝報告会を開いた。4輪初Vのステファン・ペテランセル、惜しくも3連覇を逃したものの2位でゴールした増岡浩らが出席し、今年の“パリダカ”の戦況を語った。

■「チーム・スピリット」

三菱とパリダカの関係は古い。1982年5月にデビューした本格オフロード四駆「パジェロ」を、1983年の第5回大会で投入。以来、ポルシェ、プジョー/シトロエンといった数々のライバルたちと戦い、今年の第26回大会で、4年連続、9回目の総合優勝、そして8度目の1-2フィニッシュを飾った。

ロルフ・エクロート三菱自動車社長兼CEOが「パイロット(ドライバー)、ナビゲーター、エンジニア、クルーたちの“チーム・スピリット”による勝利」と称した今回のラリーは、ペテランセルと増岡によりトップが争われた。

三菱「パジェロエボリューション」が総合1位の座についたのはスペインでのSSを終えたラリー3日目、1月3日から。その後18日のゴールまで、三菱車以外が首位につくことはなかったという事実が、三菱の優位性を物語る。

ラリー大半をリードしたのは、昨年同様ペテランセル。チームメイトの増岡が追い上げ、6日目には増岡が総合1位を奪取した。
増岡にとって、8日目におかした“痛恨のミス”が、結果としてゴールまで尾を引くことになってしまった。

「何万回やるギアチェンジのうちの、1回をミスしてしまった」と振り返る増岡。トランスミッション修復に1時間23分を費やし、首位ペテランセルは遠のいてしまった。
「プロドライバーは、チームのことを考えて走るのが仕事」という増岡は、トップ争いが過熱して同士討ちになるような事態を避け、その後三菱の連勝をチームプレイでサポートし、2位でダカールにたどり着いた。

「チームメイトであり、一番のライバル」(増岡)のペテランセルは、過去2輪で6回優勝したことのあるパリダカのベテラン。昨年、三菱でリードしながら、残り2日というところで岩に激突しタイムロス、勝利を増岡に奪われた経緯がある。
「4輪で勝つことが夢でした。これからも勝利を目指したい」という38歳のフランス人は、「憧れのひと」と慕うユベール・オリオールに次ぐ、史上2人目の2輪・4輪ダブルウィナーとして、晴れやかに壇上にあがった。

(webCG 有吉)

 
三菱“パリダカ”優勝報告会、開かれるの画像

「英語はあまり得意じゃないんだ」と苦笑しながらインタビューに答えるフランス人、ステファン・ペテランセル。2輪で6回優勝したベテランは、2輪と4輪の差をたずねられ、「モト(バイク)は、マシンの操縦もナビもひとりでやらなければならないから大変」とコメント。ライバルの増岡浩については、「尊敬しているドライバーだし、、僕のフレンドでもあるんだ」と話した。
 

	「英語はあまり得意じゃないんだ」と苦笑しながらインタビューに答えるフランス人、ステファン・ペテランセル。2輪で6回優勝したベテランは、2輪と4輪の差をたずねられ、「モト(バイク)は、マシンの操縦もナビもひとりでやらなければならないから大変」とコメント。ライバルの増岡浩については、「尊敬しているドライバーだし、、僕のフレンドでもあるんだ」と話した。
	 

3連覇の夢は叶えられなかった増岡浩。悔しくないはずはないだろうが、チームプレイに徹し、2位を受け入れたその顔は、穏やかに見えた。
 

	3連覇の夢は叶えられなかった増岡浩。悔しくないはずはないだろうが、チームプレイに徹し、2位を受け入れたその顔は、穏やかに見えた。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る