スズキ「ワゴンR」販売200万台を記念したモデル

2004.01.28 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR」販売200万台を記念したモデル

スズキは、同社の人気車種である箱形軽「ワゴンR」が、国内累計販売で200万台を突破したことを記念し、特別仕様車「FXリミテッド」を設定、2004年1月26日に発売した。

1993年9月に登場した「ワゴンR」は、“トールボーイスタイルの軽ミニバン”というジャンルを確立しながらトップセラーに成長。2003年12月までの10年4ヶ月間、現行3代目にして、国内累計販売200万台を達成した。

これを記念して発売される特別仕様車「FXリミテッド」は、「FX」グレードをベースに、内外装をスポーティにしたもの。フロントグリルはメッキ処理でお化粧。車高を10mm下げるとともにアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラーで箔をつけた。ホイールは1インチアップして14インチアルミホイールとした。

内装では、オーディオセットに2DINサイズのMD/CD対応+6スピーカーの上級タイプを採用。黒と銀のツートーンに革を貼り分けた本革巻きステアリングホイールや、専用のシート、ドアトリム表皮などを与えた。インストルメントパネルやドアトリムの一部にはシルバー塗装を施し、質感を高めた。

トランスミッションはコラムタイプの4AT。価格は、ベースモデルのそれぞれ6.0万円高、FFが102.5万円、4WDは113.7万円。

(webCG カワデ)

スズキ「ワゴンR」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/wagonr/

 
スズキ「ワゴンR」販売200万台を記念したモデルの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
ホームへ戻る