日産「フェアレディZ」に期間限定車

2004.01.27 自動車ニュース

日産「フェアレディZ」に期間限定車

日産自動車は、2シーターのスポーツクーペ「フェアレディZ」に、前後大型バンパーやサイドフィニッシャーを与えスケールアップした「タイプE」を設定、2004年1月26日に発売した。同年2月29日までの期間限定販売。

「バージョンS」がベースとなる限定車「タイプE」。ロングノーズバンパーがフロントを180mm、ロングテールバンパーがリアを135mmそれぞれ延長し、エクステリアに箔を付けた。加えて、サイドフィニッシャーはボディを25mm増幅。結果、全長が4625mm、全幅は1840mmとなり、車両総重量は20kg増量の1570kgとなった。

ボディカラーはダイヤモンドシルバーメタリック、内装色は黒。オーディオは備わらない。FRの6MT仕様で、価格はベースモデル(330.0万円)の倍近く(!)、650.0万円。

また、上記限定車にあわせ、日産の関連会社、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルから、内外装や足まわりを中心にGT仕様に仕上げた「フェアレディZ S-tune GT」(650.0万円)もリリースされた。

(webCG カワデ)

日産自動車「フェアレディZ」:
http://www2.nissan.co.jp/Z/
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル:
http://www.nismo.co.jp/

 
日産「フェアレディZ」に期間限定車の画像

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.3 試乗記