第92回:巨人にも見習って欲しい?新型クラウンのスゴさ(その2)

2004.01.27 エッセイ

第92回:巨人にも見習って欲しい?新型クラウンのスゴさ(その2)


第92回:巨人にも見習って欲しい?新型クラウンのスゴさ(その2)
クラウン・アスリート
第92回:巨人にも見習って欲しい?新型クラウンのスゴさ(その2)

■クラウンは変わったが……

新型「クラウン」について、思ったことをもうヒトコト。
クラウンは巨人軍に似てる、とも思った。そう、あのプロ野球の「讀賣ジャイアンツ」である。
クラウンと巨人は、いずれも超ドメスティック。どちらもその業界を代表するブランドで、ガチガチの固定ファンがいて、変えようにも変えられない部分がある。偉大なる存在だ。

でね、ここが肝心なんだけど、近年はどちらにも外圧が迫っていた。巨人はメジャーリーグからのプレッシャー。クラウンはベンツ、BMWなどからのプレッシャーだ。その影響で、巨人は野球放送の視聴率が落ち、クラウンは販売台数が落ちていた。

だが、クラウンは見事な変貌を遂げた。以前の魅力を残しつつ、明らかに新しくなったのだ。そういう場合、どこを「残して」どこを「残さない」のか。サジ加減が難しいが、加藤光久エグゼクティブチーフエンジニアの言葉でもう一つ記憶に残ったものがある。それは「国際化」だ。
「今度のクラウンは、世界のどこに出しても恥ずかしくないものにしました。実際、法規的にどこの国の基準にも対応できるんです」。


第92回:巨人にも見習って欲しい?新型クラウンのスゴさ(その2)
荷室容量は522リッター。
第92回:巨人にも見習って欲しい?新型クラウンのスゴさ(その2)

さらに興味深いのが、そこで参考にしたのが「武士道」だったということ。
「お菓子のポッキーって、手に持つ部分にチョコが塗ってないじゃないですか。ああいうことするのは日本人だけですよ。ああいう繊細さを大切にしたんです」。
加藤さんは、さらにこう語った。国際化、国際化とはよくいうけど、大切なのは外を向くことじゃない。内を向くこと。冷静に「日本人にしかできないことをやった」と。

その結果、日本車ならではの「おもてなし」は残し、「走り」や「スタイル」を世界レベルに引き上げて、新型クラウンはでき上がったのだ。まさに自動車は文化。時代によって、生き物のように変わるのだ。

自動車界の保守派、クラウンが変わったついでに「巨人もそうなるべきだよなぁ」って思った。いつまでも4番バッターばかり揃えて、契約交渉に代理人を認めない時代じゃない。オーナーが独裁制をひいている時代でも。

(文=小沢コージ/2004年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』