ホンダ「シビック・タイプR」マイナーチェンジ

2004.01.23 自動車ニュース

ホンダ「シビック・タイプR」マイナーチェンジ

本田技研工業は、ホットハッチ「シビック・タイプR」に、盗難防止のためのイモビライザーを標準装備するなどマイナーチェンジを行い、2004年1月23日に発売した。

イギリスはHUM(Honda of U.K. Manufacturing)で生産されるスポーツシビック「タイプR」。今回のマイナーチェンジによる変更点は、イモビライザーの標準装備に加え、新意匠のフロントバンパー、6灯式ヘッドランプ(プロジェクタータイプ)、リアコンビネーションランプ、赤黒ツートンカラーのレカロ社製フロントバケットシートの採用など。215psを発する2リッター直4エンジン、6段MTなど、機関面に変更はない。
ボディカラーは標準で「チャンピオンシップホワイト」となるが、オプション「Cパッケージ」に専用の新色「サテンシルバーメタリック」が用意される。同パッケージは、オートエアコン、パワーウィンドウ、ディスチャージヘッドランプなど、快適装備で構成され、プラス33.0万円で販売される。

価格は、車両本体が2.0万円アップし222.0万円。国内月間目標販売台数は50台という。

(webCG カワデ)

本田技研工業「シビック」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/civic-r/

 
ホンダ「シビック・タイプR」マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • 復活したホンダのビッグネーム
    新型「シビック」に注目せよ!
    2017.11.24 デイリーコラム 2017年9月に発売された10代目「ホンダ・シビック」。ベテランなら誰もが知る車名だが、日本市場での販売はいったん途絶えており、久々の復活となる。そんな新型の存在意義について、鈴木ケンイチが語る。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る