ホンダ「シビック・タイプR」マイナーチェンジ

2004.01.23 自動車ニュース

ホンダ「シビック・タイプR」マイナーチェンジ

本田技研工業は、ホットハッチ「シビック・タイプR」に、盗難防止のためのイモビライザーを標準装備するなどマイナーチェンジを行い、2004年1月23日に発売した。

イギリスはHUM(Honda of U.K. Manufacturing)で生産されるスポーツシビック「タイプR」。今回のマイナーチェンジによる変更点は、イモビライザーの標準装備に加え、新意匠のフロントバンパー、6灯式ヘッドランプ(プロジェクタータイプ)、リアコンビネーションランプ、赤黒ツートンカラーのレカロ社製フロントバケットシートの採用など。215psを発する2リッター直4エンジン、6段MTなど、機関面に変更はない。
ボディカラーは標準で「チャンピオンシップホワイト」となるが、オプション「Cパッケージ」に専用の新色「サテンシルバーメタリック」が用意される。同パッケージは、オートエアコン、パワーウィンドウ、ディスチャージヘッドランプなど、快適装備で構成され、プラス33.0万円で販売される。

価格は、車両本体が2.0万円アップし222.0万円。国内月間目標販売台数は50台という。

(webCG カワデ)

本田技研工業「シビック」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/civic-r/

 
ホンダ「シビック・タイプR」マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • 第82回:無段変速車ボクメツ宣言 2018.3.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第82回は「無段変速車ボクメツ宣言」。日本の国民車がダサイのにはワケがあった!? 「スイフトスポーツ」を国民車に! と熱望する筆者が、CVT車ばかりの日本のベストセラーモデルに異議を唱える。
ホームへ戻る