フォード「モンデオ」マイナーチェンジ

2004.01.23 自動車ニュース

フォード「モンデオ」マイナーチェンジ

フォードジャパンリミテッドは、欧州フォードのトップモデル「モンデオ」のセダンとワゴンの内外装を変更。両モデルの上級「V6 GHIA」を2004年1月22日に、「GLX」を5月1日に発売する。

マイナーチェンジの主眼は内外装の高級化。エクステリアでは、フロントグリルやフロントバンパー、アプローチランプ付きドアミラー(GHIAのみ)、アルミホイールのデザインを新たにした。サイドターンシグナルはクリアレンズを採用、ワゴンのGLX以外はテールランプ部分を白色にし、GHIAのドアハンドルはクロームで装飾するなどした。
インテリアは、センターインストルメントパネルとアナログ時計を新意匠化。ドアトリムやAピラーの素材、GLXは布シート地もグレードアップさせた。GHIAには温度調節付きヒーテッドシート(前席)を付与。加えてレザーハンドブレーキバーを採用した。
このほか、GHIAにステアリングセレクトシフトや雨滴感知式フロントワイパー、オートランプシステム、ヒーテッドフロントウインドースクリーン、リアマップランプといった新機能を追加した。

価格は、V6 GHIAがそれぞれ12.0万円アップ。セダンが335.0万円、ワゴンは350.0万円。GLXはそれぞれ5.0万円増で、セダン280.0万円、ワゴン295.0万円。

(webCG カワデ)

フォード「モンデオ」:
http://www.ford.co.jp/mondeo/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

モンデオセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗記】 2005.4.21 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの旗艦「モンデオ」に高性能シリーズ「ST」が追加された。ハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • ルノー・メガーヌ エステートGT220(FF/6MT)【試乗記】 2013.6.9 試乗記 レーシングカーの開発を手がけるルノースポールがチューンした、ルノーのワゴン「メガーヌ エステートGT220」に試乗。その走りやいかに?
ホームへ戻る