フォード「モンデオ」マイナーチェンジ

2004.01.23 自動車ニュース

フォード「モンデオ」マイナーチェンジ

フォードジャパンリミテッドは、欧州フォードのトップモデル「モンデオ」のセダンとワゴンの内外装を変更。両モデルの上級「V6 GHIA」を2004年1月22日に、「GLX」を5月1日に発売する。

マイナーチェンジの主眼は内外装の高級化。エクステリアでは、フロントグリルやフロントバンパー、アプローチランプ付きドアミラー(GHIAのみ)、アルミホイールのデザインを新たにした。サイドターンシグナルはクリアレンズを採用、ワゴンのGLX以外はテールランプ部分を白色にし、GHIAのドアハンドルはクロームで装飾するなどした。
インテリアは、センターインストルメントパネルとアナログ時計を新意匠化。ドアトリムやAピラーの素材、GLXは布シート地もグレードアップさせた。GHIAには温度調節付きヒーテッドシート(前席)を付与。加えてレザーハンドブレーキバーを採用した。
このほか、GHIAにステアリングセレクトシフトや雨滴感知式フロントワイパー、オートランプシステム、ヒーテッドフロントウインドースクリーン、リアマップランプといった新機能を追加した。

価格は、V6 GHIAがそれぞれ12.0万円アップ。セダンが335.0万円、ワゴンは350.0万円。GLXはそれぞれ5.0万円増で、セダン280.0万円、ワゴン295.0万円。

(webCG カワデ)

フォード「モンデオ」:
http://www.ford.co.jp/mondeo/

 
フォード「モンデオ」マイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

モンデオセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・モンデオST220(FF/6MT)【試乗記】 2006.7.7 試乗記 フォード・モンデオST220(FF/6MT)
    ……450.0万円

    2006年からカタログモデルとなった、「チームRS」が手がけたフォードのスポーティスペシャル「ST」シリーズ。ミドルサルーン「モンデオST220」は、派手さこそないが、随所にプロの業が感じられるクルマだった。


  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗速報】 2005.2.15 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの高性能シリーズ「ST」に新たなモデルが登場した。特殊車両開発部門「SVE」が開発したハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


  • フォード・モンデオセダン/モンデオワゴン (4AT)【試乗記】 2001.4.7 試乗記 フォード・モンデオセダン/モンデオワゴン(4AT)

    「イチキュッパ!」の価格で驚かせたのはいつのこと? いまや欧州フォードのフラッグシップとして、2代目モンデオが、ニュー2リッターユニットをひっさげ再上陸。すっかり立派になったセダンとワゴンのステアリングホイールを、webCG記者が握った。


  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る