フォード「モンデオ」マイナーチェンジ

2004.01.23 自動車ニュース

フォード「モンデオ」マイナーチェンジ

フォードジャパンリミテッドは、欧州フォードのトップモデル「モンデオ」のセダンとワゴンの内外装を変更。両モデルの上級「V6 GHIA」を2004年1月22日に、「GLX」を5月1日に発売する。

マイナーチェンジの主眼は内外装の高級化。エクステリアでは、フロントグリルやフロントバンパー、アプローチランプ付きドアミラー(GHIAのみ)、アルミホイールのデザインを新たにした。サイドターンシグナルはクリアレンズを採用、ワゴンのGLX以外はテールランプ部分を白色にし、GHIAのドアハンドルはクロームで装飾するなどした。
インテリアは、センターインストルメントパネルとアナログ時計を新意匠化。ドアトリムやAピラーの素材、GLXは布シート地もグレードアップさせた。GHIAには温度調節付きヒーテッドシート(前席)を付与。加えてレザーハンドブレーキバーを採用した。
このほか、GHIAにステアリングセレクトシフトや雨滴感知式フロントワイパー、オートランプシステム、ヒーテッドフロントウインドースクリーン、リアマップランプといった新機能を追加した。

価格は、V6 GHIAがそれぞれ12.0万円アップ。セダンが335.0万円、ワゴンは350.0万円。GLXはそれぞれ5.0万円増で、セダン280.0万円、ワゴン295.0万円。

(webCG カワデ)

フォード「モンデオ」:
http://www.ford.co.jp/mondeo/

 
フォード「モンデオ」マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
モンデオセダンモンデオワゴンフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・モンデオST220(FF/6MT)【試乗記】 2006.7.7 試乗記 フォード・モンデオST220(FF/6MT)
    ……450.0万円

    2006年からカタログモデルとなった、「チームRS」が手がけたフォードのスポーティスペシャル「ST」シリーズ。ミドルサルーン「モンデオST220」は、派手さこそないが、随所にプロの業が感じられるクルマだった。


  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗速報】 2005.2.15 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの高性能シリーズ「ST」に新たなモデルが登場した。特殊車両開発部門「SVE」が開発したハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗記】 2005.4.21 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの旗艦「モンデオ」に高性能シリーズ「ST」が追加された。ハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
ホームへ戻る