フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入!

2004.01.23 自動車ニュース

フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入!

フォードジャパンリミテッドは、欧州フォードの主力ハッチモデル「フォーカス」に、レザーシートなどを奢った限定車「2.0GHIAレザーパッケージ」を設定。さらに、2003年にリリースしたスポーツバージョン「ST170」を追加投入し、2004年1月22日に発売した。あわせて既存モデルのカラーバリエーションも見直した。

「フォーカス2.0GHIAレザーパッケージ」は、2リッター直4(131ps)搭載の「2.0GHIA」をベースに、シートヒーター付き本革シート、チルト機構付き電動ガラスサンルーフ、HID(ハイインテンシティーディスチャージド)ヘッドランプ、ヘッドランプウオッシャーを特別装備したもの。ボディカラーは専用「トニックメタリック」。ベースモデルより20.0万円高い、253.0万円のプライスタグを付け、50台限定で販売される。

あわせて、2003年5月に初導入された、国内唯一の3ドア“スポーツフォーカス”「ST170」が追加投入される。
欧州フォードの特殊車両開発部門「Team RS」が開発。173psを発するアルミ製シリンダーヘッドを採用した2リッター4気筒DOHCエンジン「デュラックST」、ゲトラク製の6段MT、専用チューニングされたサスペンションなど、機関面はそのまま。価格も変わらず300.0万円となる。

また、フォーカスシリーズ全体でボディカラーの体系を見直し、値段も一部モデルで若干上がった。新たな価格は、「2.0TREND」253.0万円(変更前より5.0万円高)、「2.0GHIA」233.0万円(同4.0万円高)、「1.6GHIA」212.0万円(同2.0万円高)、「1.6GLX」189.0万円(変更なし)、「ワゴン2.0GHIA」253.0万円(変更前より4.0万円高)。

(webCG カワデ)

フォードジャパンリミテッド:
http://www.ford.co.jp/

 
フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る