フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入!

2004.01.23 自動車ニュース

フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入!

フォードジャパンリミテッドは、欧州フォードの主力ハッチモデル「フォーカス」に、レザーシートなどを奢った限定車「2.0GHIAレザーパッケージ」を設定。さらに、2003年にリリースしたスポーツバージョン「ST170」を追加投入し、2004年1月22日に発売した。あわせて既存モデルのカラーバリエーションも見直した。

「フォーカス2.0GHIAレザーパッケージ」は、2リッター直4(131ps)搭載の「2.0GHIA」をベースに、シートヒーター付き本革シート、チルト機構付き電動ガラスサンルーフ、HID(ハイインテンシティーディスチャージド)ヘッドランプ、ヘッドランプウオッシャーを特別装備したもの。ボディカラーは専用「トニックメタリック」。ベースモデルより20.0万円高い、253.0万円のプライスタグを付け、50台限定で販売される。

あわせて、2003年5月に初導入された、国内唯一の3ドア“スポーツフォーカス”「ST170」が追加投入される。
欧州フォードの特殊車両開発部門「Team RS」が開発。173psを発するアルミ製シリンダーヘッドを採用した2リッター4気筒DOHCエンジン「デュラックST」、ゲトラク製の6段MT、専用チューニングされたサスペンションなど、機関面はそのまま。価格も変わらず300.0万円となる。

また、フォーカスシリーズ全体でボディカラーの体系を見直し、値段も一部モデルで若干上がった。新たな価格は、「2.0TREND」253.0万円(変更前より5.0万円高)、「2.0GHIA」233.0万円(同4.0万円高)、「1.6GHIA」212.0万円(同2.0万円高)、「1.6GLX」189.0万円(変更なし)、「ワゴン2.0GHIA」253.0万円(変更前より4.0万円高)。

(webCG カワデ)

フォードジャパンリミテッド:
http://www.ford.co.jp/

 
フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る