フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入!

2004.01.23 自動車ニュース

フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入!

フォードジャパンリミテッドは、欧州フォードの主力ハッチモデル「フォーカス」に、レザーシートなどを奢った限定車「2.0GHIAレザーパッケージ」を設定。さらに、2003年にリリースしたスポーツバージョン「ST170」を追加投入し、2004年1月22日に発売した。あわせて既存モデルのカラーバリエーションも見直した。

「フォーカス2.0GHIAレザーパッケージ」は、2リッター直4(131ps)搭載の「2.0GHIA」をベースに、シートヒーター付き本革シート、チルト機構付き電動ガラスサンルーフ、HID(ハイインテンシティーディスチャージド)ヘッドランプ、ヘッドランプウオッシャーを特別装備したもの。ボディカラーは専用「トニックメタリック」。ベースモデルより20.0万円高い、253.0万円のプライスタグを付け、50台限定で販売される。

あわせて、2003年5月に初導入された、国内唯一の3ドア“スポーツフォーカス”「ST170」が追加投入される。
欧州フォードの特殊車両開発部門「Team RS」が開発。173psを発するアルミ製シリンダーヘッドを採用した2リッター4気筒DOHCエンジン「デュラックST」、ゲトラク製の6段MT、専用チューニングされたサスペンションなど、機関面はそのまま。価格も変わらず300.0万円となる。

また、フォーカスシリーズ全体でボディカラーの体系を見直し、値段も一部モデルで若干上がった。新たな価格は、「2.0TREND」253.0万円(変更前より5.0万円高)、「2.0GHIA」233.0万円(同4.0万円高)、「1.6GHIA」212.0万円(同2.0万円高)、「1.6GLX」189.0万円(変更なし)、「ワゴン2.0GHIA」253.0万円(変更前より4.0万円高)。

(webCG カワデ)

フォードジャパンリミテッド:
http://www.ford.co.jp/

 
フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入!の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 第18回:ありがとうフォーカス(最終回)
    3カ月間で3800kmを後にして思ったこと
    2016.3.25 フォード・フォーカス日常劇場<PR> 3カ月間、距離にして3800km、われわれの力強い助っ人として活躍してくれた「フォード・フォーカス」が、今回の報告を最後に編集部から卒業する。ありがとうフォーカス! 駆け足でこの3カ月を振り返る。
  • 第14回:フォーカスの実用燃費報告
    約2000km走って11.0km/リッターを記録
    2016.2.26 フォード・フォーカス日常劇場<PR> フォーカスがwebCGにやって来てから早いもので2カ月が経過した。約2000km走って得た実用燃費は11.0km/リッター。燃費を伸ばすためには、ちょっとした傾向と対策があることがわかってきた。
ホームへ戻る