三菱「ランサー」シリーズにスポーティな新グレード追加

2004.01.22 自動車ニュース
 

三菱「ランサー」シリーズにスポーティな新グレード追加

三菱自動車は、セダン「ランサー」とワゴン「ランサーワゴン」に、運動性能や内外装でスポーティテイストを高めた新グレード「ラリーアート」を、各シリーズの最上モデルとして追加設定、2004年1月23日に発売する。


「ランサー・ラリーアート」とそのインパネ
 

■シリーズのトップグレード

三菱「ランサー」シリーズに、同社のモータースポーツ子会社「ラリーアート」の名を冠するグレードが追加された。セダン、ワゴンのトップグレードになる新型は、スポーティスペシャル「ランサーエボリューション」シリーズや、WRC(世界ラリー選手権)で得たランサーのスポーティなイメージを強調。ターゲットを、従来の若年層に加えて、スポーティ指向のユーザーに拡げたい考えだ。

エンジンは、「ランサーワゴン T-Touring」と同じ、1.8リッター直4 DOHCターボ・インタークーラー付き「GDI」を搭載。最高出力165ps/5500rpm、最大トルク22.4kgm/3500rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、マニュアルモード付き4段AT「INVECS-IIスポーツモード4AT」。駆動方式はFFのみだ。


「ランサーワゴン・ラリーアート」
 

外装のエアロパーツは、前後に大型バンパー、そのサイドにエアダムを装着。セダンにはリアスポイラー、またワゴンには専用のテールゲートスポイラーを与えた。このため全長は、セダンが従来より125mm長い4595mm、ワゴンは140mm長い4615mmとなった。
一方、車高はローサスペンションの採用でそれぞれ15mmダウン。ランサーが1415mm、ワゴン1450mmとなった。足もとは、専用デザインのアルミホイール+195/50R16インチタイヤでキメる。加えて、フロントストラットタワーバーを追加し、操縦安定性の向上を図った。


「ランサーワゴン・ラリーアート」の室内
 

インテリアは、ブラックのモノトーン基調。パネル類にカーボン調とチタン調を用い、スポーティな空間を演出したという。装備もスポーツドライブを意識した内容で、レカロ社製フロントシートや、シフトスイッチ付きの本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブを採用。シフトレバーブーツとブーツリングは、マニュアルシフト風にアレンジされる。

価格は、ランサー・ラリーアートが199.8万円、ランサーワゴン・ラリーアートは209.8万円。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱、「ランサー」シリーズを一部改良 2005.12.6 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサー」「ランサーワゴン」そして商用「ランサーカーゴ」をそれぞれ一部改良し、2005年12月1日に発売した。
  • 谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編) 2017.7.13 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に試乗する。最新のデジタルインターフェイスを得て、一段と洗練された“ホットハッチの定番”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • 日産が「フェアレディZ」を一部改良 2017.7.7 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」を一部改良。エクステリアデザインの一部を変更したほか、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を採用した。走りに関しては、新開発のクラッチの採用により、MT車の運転時における負担を軽減している。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
  • 日産、EVの新型「リーフ」を9月6日に初公開 2017.6.30 自動車ニュース 日産が新型「リーフ」を2017年9月6日に初公開すると発表した。リーフはEV専用設計の車体構造を持つ量産・量販EVとして2010年12月にデビュー。今回の新型は2代目のモデルにあたり、運転支援システム「プロパイロット」が搭載されるという。
ホームへ戻る