三菱「ランサー」シリーズにスポーティな新グレード追加

2004.01.22 自動車ニュース
 

三菱「ランサー」シリーズにスポーティな新グレード追加

三菱自動車は、セダン「ランサー」とワゴン「ランサーワゴン」に、運動性能や内外装でスポーティテイストを高めた新グレード「ラリーアート」を、各シリーズの最上モデルとして追加設定、2004年1月23日に発売する。


「ランサー・ラリーアート」とそのインパネ
 

■シリーズのトップグレード

三菱「ランサー」シリーズに、同社のモータースポーツ子会社「ラリーアート」の名を冠するグレードが追加された。セダン、ワゴンのトップグレードになる新型は、スポーティスペシャル「ランサーエボリューション」シリーズや、WRC(世界ラリー選手権)で得たランサーのスポーティなイメージを強調。ターゲットを、従来の若年層に加えて、スポーティ指向のユーザーに拡げたい考えだ。

エンジンは、「ランサーワゴン T-Touring」と同じ、1.8リッター直4 DOHCターボ・インタークーラー付き「GDI」を搭載。最高出力165ps/5500rpm、最大トルク22.4kgm/3500rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、マニュアルモード付き4段AT「INVECS-IIスポーツモード4AT」。駆動方式はFFのみだ。


「ランサーワゴン・ラリーアート」
 

外装のエアロパーツは、前後に大型バンパー、そのサイドにエアダムを装着。セダンにはリアスポイラー、またワゴンには専用のテールゲートスポイラーを与えた。このため全長は、セダンが従来より125mm長い4595mm、ワゴンは140mm長い4615mmとなった。
一方、車高はローサスペンションの採用でそれぞれ15mmダウン。ランサーが1415mm、ワゴン1450mmとなった。足もとは、専用デザインのアルミホイール+195/50R16インチタイヤでキメる。加えて、フロントストラットタワーバーを追加し、操縦安定性の向上を図った。


「ランサーワゴン・ラリーアート」の室内
 

インテリアは、ブラックのモノトーン基調。パネル類にカーボン調とチタン調を用い、スポーティな空間を演出したという。装備もスポーツドライブを意識した内容で、レカロ社製フロントシートや、シフトスイッチ付きの本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブを採用。シフトレバーブーツとブーツリングは、マニュアルシフト風にアレンジされる。

価格は、ランサー・ラリーアートが199.8万円、ランサーワゴン・ラリーアートは209.8万円。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

関連キーワード:
ランサーランサーワゴン三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱「ランサー」シリーズにスポーティな新グレード追加 2004.1.22 自動車ニュース 三菱自動車は、セダン「ランサー」とワゴン「ランサーワゴン」に、運動性能や内外装でスポーティテイストを高めた新グレード「ラリーアート」を、各シリーズの最上モデルとして追加設定、2004年1月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱、「新規格軽」に一番のり 1998.10.6 自動車ニュース 三菱自動車工業は「ミニカ」をフルモデルチェンジし、10月5日より発売した。10月1日からの新規格化にもとづいたもので、車体が大きくなった。新型「三菱ミニカ」における最大の特徴は軽自動車の新規格化にともない車体が大型化されたことだ。全長が100mm延長し、全幅が80mm拡大している。これは新たに適用された衝突安全基準をクリアするためのもので、「ミニカ」では三菱独自の安全ボディ「RISE」が採用され、前面および側面からの衝突における乗員保護、後面衝突時の燃料もれ防止、さらにオフセット衝突、斜突、ポール衝突など全方位での衝突安全性と小型車と同等にしたことが謳われている。新型「ミニカ」では安全性の強化に加え、環境対策がもう1本の柱となっており、新開発のリーンバーン「MVV」エンジンを全車に用意している。この657cc3気筒SOHCユニットにおいて「従来より車重が増加したにかかわらず従来車と比べて約10パーセント低燃費でCO2の排出量を抑え」(広報資料)ていることが謳われている。新型「ミニカ」のスタイリングは全高を1510mmと高めに設定してキャラクターを出しているのが特徴で、広いガラスエリアによる視認性のよさが売りものとなっている。ボディ形式は2ドアと4ドア。トランスミッションは5MTと3AT、駆動方式はFWDと4WDというように、豊かなバリエーションをもつ。価格は「Pf」の72.9万円からとなる。新型「ミニカ」発表会の席上で、河添克彦取締役社長は、「軽自動車は若い女性、主婦を中心に、利便性と経済性の高さで受け入れられている、日本の誇るべき発明品といえるのでは」とし、さらに「(新型ミニカシリーズは)欧州新基準のオフセット衝突テストにも対応しており......当社の自信作」と語った。新型「ミニカ」とともに、「トッポBJ」および「パジェロミニ」がモデルチェンジした。
  • 日産ティーダ15G(CVT)【試乗記】 2004.11.12 試乗記 日産ティーダ15G(CVT)
    ……225万4350円

    “高級”で日産のコンパクトカーを変革するという「ティーダ」。かつての「サニー」「パルサー」の後継モデルはどうなのか? 『webCG』記者が乗った。


ホームへ戻る