三菱、“パリダカ”優勝記念「パジェロ」を発売

2004.01.21 自動車ニュース
 

三菱、“パリダカ”優勝記念「パジェロ」を発売

三菱自動車は、「パジェロエボリューション」が「テレフォニカ・ダカール2004」で総合優勝したのを記念して、「パジェロ」シリーズの特別仕様車「アクティブフィールドエディション」を設定。2004年1月23日に発売する。


「パジェロ アクティブフィールドエディション」の外観とインパネ。
 

「パジェロ」「パジェロイオ」「パジェロミニ」に設定された「アクティブフィールドエディション」は、HDDナビゲーションシステムをはじめとする専用装備を付与した特別仕様車。それぞれのベース車は、「パジェロ エクシード」(298.0万円)、「パジェロイオ ZR」(2リッター、203.0万円)と「パジェロイオ パールパッケージ」(1.8リッター、198.8万円)、「パジェロミニ VR」(139.8万円)である。一部モデルは、ベース車より低い価格に設定されるなど、お買い得感をそそる内容だ。装備内容と価格は、以下の通り。

■「パジェロ アクティブフィールドエディション」

・三菱電機製HDDナビゲーション、MDSモニター、リヤビューカメラ
・スキッドプレート塗装(マッドシルバー調)、ドアミラーカラーキー、光輝アルミホイール、専用スペアタイヤケース
・ディスチャージヘッドランプ
・本皮&エクセーヌコンビシート(運転席パワーシート)、チタン調インパネ&エアアウトレット、本皮ステアリングホイール
・ACパワーサプライ

価格は、ベース車の25.8万高となる298.0万円。


「パジェロイオ アクティブフィールドエディション」
 

■「パジェロイオ アクティブフィールドエディション」

・パイオニア製CARROZZERIA HDDナビゲーション(2リッターのみ)
・UV&ヒートプロテクトガラス
・メッキグリル、専用スペアタイヤケース、ターンシグナル付ドアミラーカバー
・フォグランプ(2リッターのみ)

価格は、2リッターナビ装着車が219.0万円(+16.0)、ナビ非装着は194.0万円(−9.0)。1.8リッターモデルは、169.8万円(−20.0)。(カッコ内はベース車との比較)


「パジェロミニ アクティブフィールドエディション」
 

■「パジェロミニ アクティブフィールドエディション」

・クラリオン製ADDZEST HDDナビゲーション
・UV&ヒートプロテクトガラス
・電動格納式ドアミラー、フォグランプ、専用スペアタイヤケース、専用光輝アルミホイール、専用シート生地(ブラック)、革巻ステアリングホイール

価格は、ベース車比15.0万円高の139.8万円。

(webCGオオサワ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
ホームへ戻る