メルセデスベンツ「Cクラス」に限定車

2004.01.20 自動車ニュース
 

メルセデスベンツ「Cクラス」に限定車

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ「Cクラス」に、バイキセノンヘッドランプやレザーツイン内装などの特別装備を与えた限定車4モデルを設定。2004年1月19日に発売した。この特別限定車は、Cクラスを対象とした「成約キャンペーン」の対象外となる。


【写真上】アラバスターホワイトの「C180 コンプレッサー セダン リミテッド」
【写真下】キューバナイトシルバーの「C200コンプレッサー ステーションワゴン リミテッド」
 

特別限定車の4モデルは、1.8リッター直4スーパーチャージャー付きエンジンを搭載する「C180コンプレッサー」(143ps)と「C200コンプレッサー」(163ps)の、セダンとステーションワゴンをベースとしている。特別装備として、バイキセノンヘッドランプや、本革と人工皮革のレザーツイン内装を施して高級感を高める一方、価格をベース車の5.0万円高に抑えた。いずれも、右ハンドルの5AT仕様のみ。

「C180コンプレッサー リミテッド」と「C180コンプレッサー ステーションワゴン リミテッド」は、さらに、専用デザインの7スポークアルミホイールと本革巻きステアリング&シフトノブを装着。外装色は「アラバスターホワイト」、内装色はブラックとなる。
「C180コンプレッサー リミテッド」は、350台の限定発売で、価格は400.0万円。同ワゴンは300台限定で、420.0万円。

最高出力の高い「C200コンプレッサー リミテッド」と「C200コンプレッサー ステーションワゴン リミテッド」は、専用デザインの7スポークアルミホイールを装備。ボディカラーには、特別限定色の「キューバナイトシルバー」を採用した。内装色はブラックだ。
価格は、「C200コンプレッサー リミテッド」が350台限定で460.0万円、同ワゴンは300台限定で、480.0万円となる。

(webCG カワデ)

関連キーワード:
Cクラス セダンCクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
ホームへ戻る