ホンダ「モビリオ」マイナーチェンジ、「VTEC」追加

2004.01.16 自動車ニュース
 

ホンダ「モビリオ」マイナーチェンジ、「VTEC」追加

本田技研工業は、7人乗り3列シートの“ミニ・ミニバン”「モビリオ」に、「VTEC」エンジンを搭載した上級グレードを追加するなどのマイナーチェンジを行い、2004年1月16日に発売した。



 

マイナーチェンジの一番のポイントは、いままで1.5リッター「i-DSI」ユニットだけだったエンジンラインナップに、ホンダの“得意技”、同排気量の「VTEC」(可変バルブタイミング・リフト機構)付きが加わったことだ。i-DSI比で20ps、1.2kgmアップの110ps/5800rpm、14.6kgm/4800rpmを発生。組み合わされるトランスミッションは、ステアリングホイールのスイッチでマニュアル感覚のシフトができる「7スピードモード付き」のCVTとなる。
FFの上級「WT」(165.0万円)と「XT」(170.0万円)に搭載される。

また環境性能も向上。既存の「W」「A」「Y」を加えた全モデルが「平成17年排出ガス規制」適合車となり、i-DSI搭載車は「75%低減レベル」、VTEC車は「50%低減レベル」認定を取得した。

その他、フロントとリアのバンパーに厚みをもたせるなど、エクステリアも若干変更。WT、XTには、専用のサイドシルガーニッシュと、ボディ同色のテールゲイトスポイラーを標準装備した。インテリアは、シートとドアに暖色系の表皮材を採用し、上質感を演出するなどした。装備面では、「リアカメラ付き音声認識Honda・HDDナビゲーションシステム」(31.0万円高)をYを除く全車に新たにオプション設定。WT、XTには、リモコン操作で開閉できる両側パワースライドドア(はさみ込み防止機能付き)を与えた(ドア左側は標準装備、右側はオプション)。

価格は、変更前と比べ、0.1〜2.9万円の増減した。Y(FF)の139.0万円から、XTの170.0万円まで。

(webCG カワデ)

本田技研工業「モビリオ」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/mobilio/

関連キーワード:
モビリオホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ 2018.2.5 Honda車と過ごすプレミアムな休日<PR> 多人数が快適に過ごせて、ドライバーも走りを楽しめる。「ホンダ・ステップワゴン」は、そんな欲張りな希望を見事に両立させた、画期的なミニバンといえるだろう。“家族のプレミアムな笑顔”を求めてドライブに出掛けた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
ホームへ戻る