日産「セドリック・セダン」営業車にV6 LPGエンジン再登場

2004.01.15 自動車ニュース

日産「セドリック・セダン」営業車にV6 LPGエンジン再登場

日産自動車は、タクシーなどに用いられる「セドリック・セダン」営業車に、V6のLPG(液化天然ガス)エンジンを搭載した「ブロアム」を追加設定、2004年1月13日に発売した。同エンジン搭載車は2002年8月に一旦生産中止されたが、動力性能などを向上させて再登場となった。

「VG20P」型の2リッターV6 LPGユニットは、ガソリンエンジンをLPG仕様化したもので、最高出力105ps/6000rpm、最大トルク15.5kgm/2400rpmを発生する。60km/h定地走行でのカタログ燃費は13.8km/リッター。平成12年排出ガス規制に適応する。
トランスミッションは4段AT。5ナンバー車にはフロアとコラムタイプ、3ナンバー車にはフロアタイプを用意する。価格は、262.0万円(5ナンバー車)と、268.0万円(3ナンバー車)。

なお、既存の2リッター直4 LPGエンジン搭載車には、電動格納式リモコンドアミラーをオプション設定するなどした。

(webCG カワデ)

日産自動車「セドリック営業車」:
http://www.nissan.co.jp/CEDRIC/index2.html

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産、「セド・グロ」のグレードを見直し 2000.11.2 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」「グロリア」のグレード体系を見直すと同時に、新グレードを追加設定し、2000年10月30日から販売を開始した。セドリックでは、今まで「250LV」にのみ設定された、オーディオシステム充実の「プレミアムリミテッド」を、「300LX-Z」(441.0万円)「250LV FOUR」(404.0万円)にまで拡大。さらに、アイボリ一色の本革シートや前席アクティブヘッドレストなどを装備した「アイボリーレザーパッケージ」が追加設定された。グロリアには、スポーティさを強調した新グレード「グランツーリスモ」が、「300ULTIMA-Z」(436.0万円)「300TX」(378.0万円)「250TX」(346.0万円)「250TX FOUR」(401.0万円)に加わった。専用のラジエーターグリル、ヘッドランプ、17インチアルミホイールや本革巻ステアリングホイールなどを装着。内装を黒で統一し、スポーティさを演出した。(web CG 有吉)日産自動車「セドリック」サイト:http://www.nissan.co.jp/CEDRIC/同「グロリア」サイト:http://www.nissan.co.jp/GLORIA/
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る