【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm/ホイールベース=2440mm/車重=870kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7600rpm、6.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=113.0万円(テスト車=同じ)

ダイハツ・タントX(4AT)【ブリーフテスト】

ダイハツ・タントX(4AT) 2004.01.14 試乗記 ……113.0万円総合評価……★★★室内空間において、軽規格の極限に挑むダイハツの新しい軽自動車「タント」。ファニーなスタイルのニューモデルはどうなのか? 工藤静香より(どちらかといえば)生稲晃子の方が好きだった『webCG』コンテンツエディターのアオキが報告する。


ママさん向けというよりは……。

アグネス・ラムに続き、工藤静香を“ママ”として起用するという快挙を成した「親子にピッタント」こと「ダイハツ・タント」。「限界か!?」と思われた「ムーヴ」のホイールベースをさらに延ばして“ウルトラビッグキャビン”を実現した。
ファニーなスタイルにニンマリして乗り込めば、予想はしていたものの、グラスエリアの広さは想像以上。金魚鉢のなかのワタシ。まわりがよく見えるが、まわりからもよく見られる。
2000mmの室内長(インパネ−後席背もたれ間)は立派だけれど、1725mmの全高は疑問。頭のうえに、そんなに空気があってどうする。そのうえ、「重いガラスがいっぱい」との先入観からか、重心の高さが気になって、ステアリングを切ったときのグラリ感がコワい。
ハードウェア評価は★★なれど、斬新なデザインを商品化したことにプラス★。ライフスタイルを大切にするママさん、というよりは、日常でも笑いを取りたい芸人向け。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ダイハツ・タントは、ムーヴをベースに、さらにホイールベースを延ばして室内空間を広くとった「スーパースペースワゴン」。ムーヴより50mm長い2440mmのホイールベースと、95mm高い1725mmの全高をもつ。ノーズを短く、キャビンをスクエアにすることで、室内長は“2リッターセダン並”を謳う2000mmを実現した。2003年10月25日に開催された「第37回東京モーターショー」でデビュー。同年11月27日から販売が開始された。
エンジンは、0.66リッター直列3気筒DOHC12バルブで、自然吸気とターボが用意される。トランスミッションは3ATまたは4AT。駆動方式は、前輪駆動と4輪駆動の2種類だ。
(グレード概要)
グレードは、自然吸気エンジンが「L」「X」「Xリミテッド」の3種類、ターボが「R」と「RS」の2種類。前輪駆動/4輪駆動を問わず、この5グレードが用意される。
Xは、ベーシックなLではオプションだったABS(EBD、ブレーキアシスト付き)を標準装備とし、「オートエアコン」「電動格納式ミラー」「4スピーカーオーディオ」を奢ったモデル。足まわりも、「155/65R14+アルミホイール」となる。





写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
タン基調にグレー内装の一部を流用したタントの室内。縮緬状のシボが付けられた樹脂パーツがおもしろい。タントのインテリアには、できるだけコストをかけずに外観のイメージを損なわないよう、前向きな工夫が感じられる。
ダブルエアバッグを装備しながら、助手席側に「グローブボックス」「アッパーボックス」「グローブボックスアンダートレイ」を装備することをはじめ、モノ入れは豊富。
リアガラスが広いだけに、(法規上の規制があるのか)小さく遠すぎるリアビューミラーが残念。インパネ右端に集約された前後左右の窓用開閉レバーの操作性も疑問だ。
(前席)……★★★
「街乗り」「近場ドライブ」をメインに想定したとおぼしき疑似ベンチシート。左右は独立してスライドする。「インパネシフト」「足踏み式パーキングブレーキ」を採用しているため、左右席間の移動もラク。
ファブリックでトリムされたドア内張りの肘かけは楽しげだが、ドアポケットの使い勝手がスポイルされる。ドアを閉めていると、モノの出し入れが困難だ。
(後席)……★★★★
恐るべきスペースを誇るタントの後席。左右独立してスライド可能。ただし、シートそのものは、「格納」を第一条件にしたためか、平板な座り心地と薄い背もたれと、少々貧弱。
たとえば、シートアレンジを簡略化し、厚いクッションとバックレスト、しっかり延びるヘッドレストを装備した“後席重視”バージョンをつくったら……売れないんだろうな。
(荷室)……★★
軽自動車の限られたスペースをリアシートにとられたため、通常時のラゲッジスペースは最小限。後席が一番後ろに位置した場合は、奥行き40cm弱。床面最大幅は96cm、天井までの高さは約1m。
必要とあらば、後席を前までスライドさせるか、背もたれを倒して、さらに前斜め下方に動かして前席後ろに埋め込めば、奥行き145cmのほぼフラットな荷室が出現する。この場合は★★★★★か。「低いフロア」「バンパーとの段差の小ささ」「開口部の広さ」と、使い勝手はよさそう。
ひとつだけイチャモンを付けると、バックドアに内張りがないのが寒々しい。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
音のわりに前にすすまない。遅い。……といったことは、軽自動車規格そのものの問題かもしれないが、タントの場合、外から内が見えやすいだけに、罪が重い。道行くイヤなヤツに遭ったとき、逃げにくいじゃないか。
58psと6.5kgmを発生する3気筒ツインカムは、可変バルブタイミング機構「DVVT」を備えた高度なメカニズムがジマン。テスト車のFF(前輪駆動)モデルは、「低燃費車・低公害車の普及促進税制適合車(平成16年3月31日まで)」にあたり、自動車所得税が軽減される。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
フロント=マクファーソンストラット、リア=トーションビームと、コンベンショナルな足まわりをもつタント。
走行安定性の面で、「ロングホイールベース化による恩恵」はよくわからなかった。一方、ストローク感ないアシまわりに加え、カーブで大きく傾くのは、ドライバーとしてあまり気持ちのいいものではない。
ターボモデル「RS」は「フロントスタビライザー」が装着され、ロール剛性が高められるということだが……。

(写真=峰 昌宏)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2003年12月17-18日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:1495km
タイヤ:(前)155/65R14 75S(後)同じ(いずれもファルケンSN-816)
オプション装備:--
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(6):高速道路(4)
テスト距離:139.8km
使用燃料:14.4リッター
参考燃費:9.7km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
ホームへ戻る