新型「メルセデスSLK」オフィシャルフォト公開

2004.01.14 自動車ニュース
 

新型「メルセデスSLK」オフィシャルフォト公開

ダイムラークライスラー日本は、2004年1月9日、本国でこの春発売予定の新型「メルセデスベンツSLK」のオフィシャルフォトを公開した。


新型のバリオルーフは、22秒で開閉可能。
 

メルセデスベンツ「SLK」クラスは、格納式ハードトップ「バリオルーフ」を備える、2座オープンスポーツ。ニューモデルは、従来よりエンジンラインナップを拡大し、よりパワフルかつスポーティ、そして、より安全になったという。

デザインは、近年のメルセデスのトレンドに倣い、よりシャープな顔つきになった。スリーポインテッドスターを中心に据えたフロントマスクは、同車がマクラーレンと共同開発したスーパーカー「SLRマクラーレン」風だ。ボディサイズは、現行モデルより72mm長く、65mmワイド。ホイールベースは30mm延長された。
「現行モデルより広く、より快適」を謳うインテリアのトピックは、「エアスカーフ」と呼ばれるヒーティングシステム。ヘッドレストから温風を吹き出し、寒くてもオープンエアを快適に楽しめる工夫をこらした。

ラインナップは、「SLK200コンプレッサー」(163ps)、「SLK350」(272ps、35.7kgm)、そして「SLK55AMG」(360ps、52.0kgm)の3種類。SLK55AMGは、0-100km/hを4.9秒でこなす動力性能を誇る。

ほかに、荷室容量の拡大(トップクローズ時、従来より63リッター大きい208リッター)や、安全性の向上などが図られたという。なお、日本への導入時期など詳細は未定。

(webCG 有吉)

関連キーワード:
SLKクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 「シボレー・コルベット」に鮮やかなオレンジが目を引く限定モデル 2018.5.17 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」にデビュー65周年を祝う限定モデル「グランスポーツ セブリングオレンジ65エディション」が登場。鮮やかなオレンジのボディーカラーや、カーボン素材で飾られたインテリアが特徴で、販売台数は5台限定となっている。
ホームへ戻る