新型「メルセデスSLK」オフィシャルフォト公開

2004.01.14 自動車ニュース
 

新型「メルセデスSLK」オフィシャルフォト公開

ダイムラークライスラー日本は、2004年1月9日、本国でこの春発売予定の新型「メルセデスベンツSLK」のオフィシャルフォトを公開した。


新型のバリオルーフは、22秒で開閉可能。
 

メルセデスベンツ「SLK」クラスは、格納式ハードトップ「バリオルーフ」を備える、2座オープンスポーツ。ニューモデルは、従来よりエンジンラインナップを拡大し、よりパワフルかつスポーティ、そして、より安全になったという。

デザインは、近年のメルセデスのトレンドに倣い、よりシャープな顔つきになった。スリーポインテッドスターを中心に据えたフロントマスクは、同車がマクラーレンと共同開発したスーパーカー「SLRマクラーレン」風だ。ボディサイズは、現行モデルより72mm長く、65mmワイド。ホイールベースは30mm延長された。
「現行モデルより広く、より快適」を謳うインテリアのトピックは、「エアスカーフ」と呼ばれるヒーティングシステム。ヘッドレストから温風を吹き出し、寒くてもオープンエアを快適に楽しめる工夫をこらした。

ラインナップは、「SLK200コンプレッサー」(163ps)、「SLK350」(272ps、35.7kgm)、そして「SLK55AMG」(360ps、52.0kgm)の3種類。SLK55AMGは、0-100km/hを4.9秒でこなす動力性能を誇る。

ほかに、荷室容量の拡大(トップクローズ時、従来より63リッター大きい208リッター)や、安全性の向上などが図られたという。なお、日本への導入時期など詳細は未定。

(webCG 有吉)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツが「SL」に新しいフロントデザインを採用 2016.6.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが大幅改良を施した「SL」を発売。フロントまわりの意匠を変更したほか、V6モデルのエンジンを新世代の3リッターV6直噴ツインターボとした。また旋回時に車体をコーナーの内側にロールさせる「ダイナミックカーブ機能」を新採用した。
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
ホームへ戻る