スズキ、シボレーブランドの販売を開始

2004.01.13 自動車ニュース
 

スズキ、シボレーブランドの販売を開始

スズキは、米ゼネラルモーターズ社の「シボレー トレイルブレイザー」「シボレー トレイルブレイザーEXT」「シボレー アストロ」の輸入販売を、2004年1月9日から開始した。アストロのみ、同年3月上旬からの発売となる。


「トレイルブレイザーLT」(TOP写真)と「アストロLS」
 

2003年4月に発表された、GMとスズキの輸入販売事業に関する基本合意に基づき、2004年からシボレーブランドの総輸入代理店を務めるスズキ。「スズキアリーナ店」を通じて、「コーベット」を除くシボレーラインナップの販売を開始する。ラインナップは、SUV「トレイルブレイザー」と、ロングボディバージョン「トレイルブレイザーEXT」、ミニバン「アストロ」の3車種だ。販売目標は、トレイルブレイザーシリーズが2000台、アストロは800台。

各グレードの価格は、以下の通り。

●トレイルブレイザー
「LT」(4WD/4AT):359.0万円
「LTZ」(4WD/4AT):359.0万円

●トレイルブレイザーEXT
「EXT」(4WD/4AT):382.0万円
「LTZ」(V8、4WD/4AT):382.0万円

●アストロ
「LS」(FR/4AT):314.0万円
「LS」(4WD/4AT):364.0万円
「LT」(4WD/4AT):405.0万円
「LT本革シート仕様」(4WD/4AT):424.0万円

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/

シボレー:http://www.chevrolet.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・アストロ LS 4WD(4AT)【ブリーフテスト】 2001.8.4 試乗記 ……346.0万円
    総合評価……★★★★




  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • ヤナセ「アストロ」にキャンプ仕様など追加 1999.4.6 自動車ニュース ヤナセは「シボレーアストロ」にフルフラットシート仕様と、これを基にしたキャンピング仕様を追加した。382.0万円と398.0万円。今回ヤナセが「シボレーアストロ」シリーズに導入するのは「アストロLT 4WD フルフラットパッケージ」と、「アストロLT 4WDフォレシエスタ」の2車種。5月8日より販売を開始する。「アストロLT 4WD フルフラットパッケージ」は「アストロLT 4WD」のセカンド、サードシートを倒してフルフラットにできるようにしたモデル。価格はベース車より19万円高い382.0万円だ。ヤナセでは販売目標台数を年間150台としている。「アストロLT 4WD フォレシエスタ」は、上の「フルフラットパッケージ」をベースに、簡易ベッド、コンロ、シンク、ウッドキャビネットなどを取り付けたキャンピング仕様車だ。それゆえ、いわゆる「800ナンバー」登録となる。価格はベース車16万円高の398.0万円。販売目標台数は350台とのことだ。なお、どちらの仕様も「アイボリーホワイト」ほか5色のボディカラーが選択でき、本革シートも16万円のオプションで設定できる。キャンピング仕様のほうが200台も販売目標台数が多いというあたりに、いわゆる時代の「気分」を感じる。買う人全員がキャンプに行きたくて買うのではなくて、「800ナンバー」で維持費が安いし、その上キャンピングカーにもなって得だから……という気持ちの人も少なからずいるのだろう。(Web CG スヤマ)
  • シボレー「アストロ・スペシャルモデル」、30台限定発売 2003.4.23 自動車ニュース 日本ゼネラルモーターズは、シボレーのミニバン「アストロ」に、日本未導入の装備などを付与したスペシャルモデルを、2003年4月22日に発表した。同年5月10日から、30台限定で販売される。
ホームへ戻る