第86回:2004年東京オートサロン報告(その1)〜トヨタ、スズキ編 これはある意味“規制緩和”だ!

2004.01.13 エッセイ

第86回:2004年東京オートサロン報告(その1)〜トヨタ、スズキ編 これはある意味“規制緩和”だ!


第86回:2004年東京オートサロン報告(その1)〜トヨタ、スズキ編 これはある意味“規制緩和”だ!の画像

第86回:2004年東京オートサロン報告(その1)〜トヨタ、スズキ編 これはある意味“規制緩和”だ!の画像
トヨタのステージパフォーマンス。
トヨタのステージパフォーマンス。

■ホンネが顕著

2004年も行ってきました「東京オートサロン with NAPAC」。いちおう、昔ながらの「チューニングカーの祭典」を標榜してるみたいだけど、ますますもって“メーカーのホンネ”がうかがえる場所になった、って感じです。1995年に、日産が「スカイラインGT-R」(R33型)の発表を行なって以来の傾向だけど、今回もまたしかり。俺的には「タテマエ抜き!」ってのが、肩凝らなくてうれしいんだけど……。

特にホンネが顕著だったのは、トヨタとスズキと三菱。
トヨタさんは、驚きの新型「クラウン」を全面展開。昔じゃ考えられない手法だけど、トヨタのサテライトブランドとでもいうべきモデリスタやら、TRDやらのクラウン・コンプリートカーはもちろん、トヨタ自らのオフィシャルカー、派手なエアロを付けたバージョンを出してるんでビックリした。
しかも結構似合ってんのよ、今度のクラウン。「ゼロ・クラウン」ってコピーからもわかるように「ゼロからのスタート」。つまり「生まれ変わり」を目指してるから、オートサロンに来る客層もターゲットにしたいんだろう。実際、スタイルにしろ中身にしろ、全域でスポーティになってるみたいだし。

それから、外人ダンサーによるステージの演出も凄かった。ますますもって、名古屋的水商売感覚サクレツ!? ついでに、モデリスタチューンの「シエンタ」も、ママさんカーが予想外にワイルドになってるんでビックリよ。やるよなぁ、トヨタ。このなりふりかまわない感じ、俺は好きです。

オートサロンならでは、の光景。
オートサロンならでは、の光景。
オートサロンの常連、ヴェイルサイドのブース。
オートサロンの常連、ヴェイルサイドのブース。

■“ホンネ全開”が魅力

それから、スズキもダイレクトでよかった。一昨年あたりから「ブースが広くなってる」のはもちろん、チョップドルーフの「ラパン」や、観音開きの「ワゴンR」なんて、ほとんど市井のチューニングショップ顔負け。広報マンは「コンセプトカーですから」ってニガ笑いしてたけど、この“ホンネ全開”なところがオートサロンの魅力だよね。それも、トヨタ、スズキと日本の二大“したたかメーカー”が力入れてるのがわかりやすかった。

普段、安全だ環境だって厳しい制限ばっかり受けてるから、タマにはメーカーもハメ外したいよね。カタいこと言う人もいるみたいだけど、俺的にはぜーんぶOK。もーっとやってください。じゃないと日本のメーカー、中国に負けちゃうよ。

(文=小沢コージ/2004年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』