【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

2004.01.09 自動車ニュース
【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

チューニング&ドレスアップカーの祭典「東京オートサロン with NAPAC」が、2004年1月9日から、千葉県は幕張メッセで開催される。ホンダの純正用品を手がけるホンダアクセスは、新型「オデッセイ」をスポーティにドレスアップした「オデッセイ Modulo Concept」をはじめ、コンセプトカー3台を出展する。




【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

■キーワードは“エクストリーム”

ホンダの純正アクセサリーを手がける、ホンダアクセスがデザインした「オデッセイ Modulo Concept」。2003年10月にフルモデルチェンジした3代目オデッセイ「Mタイプ」をベースに、「エクストリーム」をキーワードにデザインしたという。




【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

エクステリアデザインのコンセプトは、ズバリ、「エクストリーム・パフォーマンス」。新型でいっそう低くなったボディフォルムを活かし、ホンダのDNAたるスポーツスピリットを盛り込んだという。エアインテークの付いたバンパー、大きなリアスポイラーなどを装着したボディサイズは、全長×全幅×全高=4820(+55)×1895(+95)×1550mm(カッコ内はベース車比)。オーバーフェンダーに収まる巨大なタイヤは、255/35ZR20インチのブリヂストン・ポテンザS-03だ。スタイルだけにとどまらず、アンダーフロアをフラット化するなどの機能性も与えた。




【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

インテリアのコンセプトは、「6シーター・エクストリーム」。1、2列目にレカロ製バケットシートを配し、6人でオデッセイを楽むデザインだという。インパネとセンタートンネルに用いられた、金属調パーツの素材感でダイナミックを表現する。機能面では、「オールラウンドセンターモジュール」と呼ばれるコンセプトが見所。ルーフの液晶モニターや収納、センタートンネルに収められたスピーカーなどはモジュール方式のため、ユーザーの好みに応じて変更できる。


写真=河野敦樹

【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

「オデッセイ Modulo Concept」のほかに、女性誌『anan』(マガジンハウス)とコラボレーションしてつくられた「ライフ Modulo Concept」と、2003年のフランクフルトショーに出展した「アコード スポーツ スタディ」も展示する。

(webCGオオサワ)

ホンダアクセス:
http://www.honda.co.jp/ACCESS/

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.7 試乗記 上にも横にも開くテールゲートからエンジンまで、いろいろなところが新しくなった、ホンダのミニバン「ステップワゴン スパーダ」。実際に乗ってみたら……? その使い勝手や走り、燃費などを報告する。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • ホンダが「ステップワゴン」を9月にマイナーチェンジ 2017.7.3 自動車ニュース ホンダが9月にマイナーチェンジを予定しているミニバン「ステップワゴン」情報を先行公開した。パワープラントに新たにハイブリッドシステムを追加するほか、運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能も強化するという。
ホームへ戻る