【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

2004.01.09 自動車ニュース
【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

チューニング&ドレスアップカーの祭典「東京オートサロン with NAPAC」が、2004年1月9日から、千葉県は幕張メッセで開催される。ホンダの純正用品を手がけるホンダアクセスは、新型「オデッセイ」をスポーティにドレスアップした「オデッセイ Modulo Concept」をはじめ、コンセプトカー3台を出展する。




【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

■キーワードは“エクストリーム”

ホンダの純正アクセサリーを手がける、ホンダアクセスがデザインした「オデッセイ Modulo Concept」。2003年10月にフルモデルチェンジした3代目オデッセイ「Mタイプ」をベースに、「エクストリーム」をキーワードにデザインしたという。




【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

エクステリアデザインのコンセプトは、ズバリ、「エクストリーム・パフォーマンス」。新型でいっそう低くなったボディフォルムを活かし、ホンダのDNAたるスポーツスピリットを盛り込んだという。エアインテークの付いたバンパー、大きなリアスポイラーなどを装着したボディサイズは、全長×全幅×全高=4820(+55)×1895(+95)×1550mm(カッコ内はベース車比)。オーバーフェンダーに収まる巨大なタイヤは、255/35ZR20インチのブリヂストン・ポテンザS-03だ。スタイルだけにとどまらず、アンダーフロアをフラット化するなどの機能性も与えた。




【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

インテリアのコンセプトは、「6シーター・エクストリーム」。1、2列目にレカロ製バケットシートを配し、6人でオデッセイを楽むデザインだという。インパネとセンタートンネルに用いられた、金属調パーツの素材感でダイナミックを表現する。機能面では、「オールラウンドセンターモジュール」と呼ばれるコンセプトが見所。ルーフの液晶モニターや収納、センタートンネルに収められたスピーカーなどはモジュール方式のため、ユーザーの好みに応じて変更できる。


写真=河野敦樹

【東京オートサロン2004】ホンダ・オデッセイ Modulo Concept

「オデッセイ Modulo Concept」のほかに、女性誌『anan』(マガジンハウス)とコラボレーションしてつくられた「ライフ Modulo Concept」と、2003年のフランクフルトショーに出展した「アコード スポーツ スタディ」も展示する。

(webCGオオサワ)

ホンダアクセス:
http://www.honda.co.jp/ACCESS/

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

関連キーワード:
オデッセイホンダ東京オートサロン2004イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダが新型SUV、アヴァンシアを世界発公開【北京ショー2016】 2016.4.25 自動車ニュース 本田技研工業の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は2016年4月25日、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)において、新型SUV「アヴァンシア(中国名:冠道)」を世界初公開した。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る