【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

2004.01.09 自動車ニュース
【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

フェラーリは、2004年北米国際自動車ショー(NAIAS、通称デトロイトショー)で、新型の4シーター「612スカリエッティ」を世界初公開した。




【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

「フェラーリ612スカリエッティ」は、「456M」の後継モデルとなる、2+2レイアウトのスポーツカー。カタログモデルとしては、跳ね馬のフラッグシップモデルとなる。
フェラーリ12気筒モデルとしては初となる、オールアルミスペースフレーム構造のボディ/シャシーが与えられたのが特徴だ。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4902×1957×1344mm。456M(同4760×1920×1300mm)と較べて、ひとまわり大きくなった。ホイールベースは350mmも延長され、2950mm。にもかかわらず、車重は1840kgと、456M(5MT)より30kg軽い。




【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

フロントミドに搭載されるエンジンは、バンク角65度の5.8リッターV12ユニットで、最高出力は540ps/7250rpmを発生。さらに、ギアボックスをリアのディファレンシャルと一緒に置く「トランスアクスル・レイアウト」を採用したことにより、前46:後54という重量配分を獲得した。動力性能は、0-100km/h加速で4.2秒、最高速度は315km/hに達するという。

「612スカリエッティ」の名は、フェラーリのコーチビルダーである、セルジオ・スカリエッティ氏に由来する。スカリエッティ氏は、1950年代半ばからフェラーリのレーシングモデルなどのボディを手がけたことで知られる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
612スカリエッティフェラーリデトロイトモーターショー2004イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
ホームへ戻る