【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

2004.01.09 自動車ニュース
【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

フェラーリは、2004年北米国際自動車ショー(NAIAS、通称デトロイトショー)で、新型の4シーター「612スカリエッティ」を世界初公開した。




【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

「フェラーリ612スカリエッティ」は、「456M」の後継モデルとなる、2+2レイアウトのスポーツカー。カタログモデルとしては、跳ね馬のフラッグシップモデルとなる。
フェラーリ12気筒モデルとしては初となる、オールアルミスペースフレーム構造のボディ/シャシーが与えられたのが特徴だ。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4902×1957×1344mm。456M(同4760×1920×1300mm)と較べて、ひとまわり大きくなった。ホイールベースは350mmも延長され、2950mm。にもかかわらず、車重は1840kgと、456M(5MT)より30kg軽い。




【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

フロントミドに搭載されるエンジンは、バンク角65度の5.8リッターV12ユニットで、最高出力は540ps/7250rpmを発生。さらに、ギアボックスをリアのディファレンシャルと一緒に置く「トランスアクスル・レイアウト」を採用したことにより、前46:後54という重量配分を獲得した。動力性能は、0-100km/h加速で4.2秒、最高速度は315km/hに達するという。

「612スカリエッティ」の名は、フェラーリのコーチビルダーである、セルジオ・スカリエッティ氏に由来する。スカリエッティ氏は、1950年代半ばからフェラーリのレーシングモデルなどのボディを手がけたことで知られる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

612スカリエッティの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る