【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

2004.01.09 自動車ニュース
【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

フェラーリは、2004年北米国際自動車ショー(NAIAS、通称デトロイトショー)で、新型の4シーター「612スカリエッティ」を世界初公開した。




【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

「フェラーリ612スカリエッティ」は、「456M」の後継モデルとなる、2+2レイアウトのスポーツカー。カタログモデルとしては、跳ね馬のフラッグシップモデルとなる。
フェラーリ12気筒モデルとしては初となる、オールアルミスペースフレーム構造のボディ/シャシーが与えられたのが特徴だ。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4902×1957×1344mm。456M(同4760×1920×1300mm)と較べて、ひとまわり大きくなった。ホイールベースは350mmも延長され、2950mm。にもかかわらず、車重は1840kgと、456M(5MT)より30kg軽い。




【デトロイトショー2004】フェラーリの新型2+2「612スカリエッティ」公開

フロントミドに搭載されるエンジンは、バンク角65度の5.8リッターV12ユニットで、最高出力は540ps/7250rpmを発生。さらに、ギアボックスをリアのディファレンシャルと一緒に置く「トランスアクスル・レイアウト」を採用したことにより、前46:後54という重量配分を獲得した。動力性能は、0-100km/h加速で4.2秒、最高速度は315km/hに達するという。

「612スカリエッティ」の名は、フェラーリのコーチビルダーである、セルジオ・スカリエッティ氏に由来する。スカリエッティ氏は、1950年代半ばからフェラーリのレーシングモデルなどのボディを手がけたことで知られる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
612スカリエッティフェラーリデトロイトモーターショー2004イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.3 試乗記
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道