【東京オートサロン2004】「スバル・レガシィB4」をSTiがチューン

2004.01.09 自動車ニュース
【東京オートサロン2004】「スバル・レガシィB4」をSTiがチューン

【東京オートサロン2004】「スバル・レガシィB4」をSTiがチューン

チューニング&ドレスアップカーの祭典「東京オートサロン with NAPAC」が、2004年1月9日から、千葉県は幕張メッセで開催される。STi(スバルテクニカインターナショナル)は、「レガシィB4」に、開発中のパーツを組み込んだコンプリートカー「レガシィB4 produced by STi」などを出展する。




【東京オートサロン2004】「スバル・レガシィB4」をSTiがチューン

「レガシィB4 produced by STi」は、現在販売中のレガシィ用STiパーツを装着したモデルに、車高調整式ストラットユニット、前後スタビライザーなど、開発検討中のパーツを組み込んだもの。ブレーキは、「インプレッサ」用のブレンボシステムをレガシィ向けにコンバージョンして搭載する。2002年6月にリリースされた、「スバル・レガシィ S401 STiバージョン」に似ている。




【東京オートサロン2004】「スバル・レガシィB4」をSTiがチューン

「スバル・インプレッサ WRX STi produced by STi」は、インテリアの質感を高めたモデル。ヨーロッパスタイルのスポーツセダンを目指したという。


ジマンのリクライニング付きバケットシート。

【東京オートサロン2004】「スバル・レガシィB4」をSTiがチューン

見所は、レカロ社と共同開発した、リクライニング付きバケットシート。表皮はアルカンタラを採用した。リアシートも、サポートの張り出したセパレートタイプとなる。

ほかに、市販予定の「フォレスター STiバージョン」などを展示するという。

(webCGオオサワ)

スバルテクニカインターナショナル:
http://www.subaru-sti.co.jp/

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

関連キーワード:
レガシィB4スバル東京オートサロン2004イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 新型スバル・フォレスター(国内仕様車) 2018.5.18 画像・写真 新型「スバル・フォレスター」の販売が2018年夏にスタート! その姿を写真で紹介する。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る