【東京オートサロン2004】マツダ、「RX-8」でレースに参加できる指定部品を発売

2004.01.09 自動車ニュース

【東京オートサロン2004】マツダ、「RX-8」でレースに参加できる指定部品を発売

マツダは、「RX-8タイプS」のワンメイクレース「RX-8パーティレース」に参加するために必要となる「NR-A指定部品」を、2004年1月20日に発売する。

JAF(日本自動車連盟)公認の「RX-8」ワンメイクレース(通称パーティレース)は、「NR-A」カテゴリーのため、一般道で運転できるナンバー付きの車両をすこし改造するだけで参加できることが特徴。2004年のスケジュールは、5月5日を皮切りに全4戦を予定している

今回発売される「NR-A指定部品」は、このレースに参加するために必要なパーツ。日常生活で使用する際の利便性も考慮されている。ディーラーオプションで、モータースポーツ用を含むチューニングパーツやアクセサリーを開発する「マツダスピード」ブランドとして発売する。なお、レースに参加するには、これらのパーツのほか、4点式シートベルトの装着が必要。一方、一般道を走るには、4点式シートベルトと前後大型牽引フックを外さなければならない。

部品の内容と価格は以下の通り。
・ロールバーセット:8.5万円
・ロールバープロテクター:2個1セットで各7400円
・ブレーキパッドセット:フロント1.9万円、リア1.8万円
・スポーツラジエター:15.0万円
・オイルクーラーキット:5.0万円
・牽引フック(フロントとリア):各1.0万円

ただし、ロールバーセットとロールバープロテクターは、カーテンエアバッグやサンルーフ付き車には装着不可。また、マツダスピードフロントノーズ装着車の場合、オイルクーラーダクトと牽引フック取付用ブラケットが別途必要となる。

なおマツダは、2004年1月9日から千葉・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2004 with NAPAC」で、NR-A指定部品を装着した「RX-8 NR-A」を出品する。

(webCG カワデ)

 
【東京オートサロン2004】マツダ、「RX-8」でレースに参加できる指定部品を発売の画像

関連キーワード:
RX-8マツダ東京オートサロン2004イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
  • マツダRX-8【試乗記(中編)】 2003.4.12 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)【試乗記】 2012.5.1 試乗記 マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)
    ……325万円

    2012年6月に生産中止される「RX-8」。最後の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」に乗り、RX-8の、そしてロータリーエンジンの来し方に思いをめぐらせた。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • マツダRX-8(4AT)/RX-8 TypeS(6MT)【試乗記】 2003.5.10 試乗記 マツダRX-8(4AT)/RX-8 TypeS(6MT) ……240.0万円/275.0万円 “4ドア4シータースポーツカー”を標榜する、世界で唯一のロータリースポーツ「RX-8」。プレス向け公道試乗会に参加した『Car Graphic』編集顧問、小林彰太郎によるインプレッションをお送りします。
ホームへ戻る