【デトロイトショー2004】ニューマーケットへチャレンジする日本メーカー(その1)

2004.01.09 自動車ニュース
【デトロイトショー2004】ニューマーケットへチャレンジする日本メーカー(その1)

【デトロイトショー2004】ニューマーケットへチャレンジする日本メーカー(その1)

アメリカで行われる国際自動車ショー「デトロイトショー」ことNAIAS(North American International Auto Show)が、2004年1月4日のプレスデイで幕を開けた。北米のニューマーケットを見据えたモデルをリリースする日本の自動車メーカーについて、自動車ジャーナリストの桃田健史がリポートする。


三菱「エクリプス・コンセプトE」に積まれる3.8リッターV6の最高出力は270ps。前後モーターと組み合わさった場合は、470ps以上が謳われる。

【デトロイトショー2004】ニューマーケットへチャレンジする日本メーカー(その1)

■次世代の顧客獲得へ

「ハイブリッド・チューニング」「ジェネレーションY」「韓流」……。日系メーカーにとっていまや、“収益の大黒柱”となったアメリカ市場。即効力のある結果(売り上げ)を狙うならば、大量販売の「トヨタ・カムリ」「ホンダ・アコード」「日産・アルティマ」などのセダン、または、高い価格と大きな利幅が期待できるフルサイズピックアップトラックが重要だ。
これに加えて、近未来における新たなる顧客の開拓が、日系メーカーにとって急務となっている。


日産のクロスオーバーコンセプト「アクティック」

【デトロイトショー2004】ニューマーケットへチャレンジする日本メーカー(その1)

2003年、ローン販売のファイナンス問題で世間を騒がしたMMSA(米国三菱販売)は、トップマネージメント陣を一新した。未来に向けて同社の再出発を表現したのが、「エクリプス・コンセプトE」。既存車両のプラットフォームと、既存の3.8リッターV6エンジンを使い、前後輪に電気モーターを追加したハイブリッド車をつくった。燃費を高めるというより、パフォーマンス重視のハイブリッドシステムだ。03年、北米に初投入された「ランサーエボリューション」で掴んだ、ハイパフォーマンスイメージを新たなるステージへと導く。このままのシステムが、即市販されることはないだろうが、05年登場の新型エクリプスには、当然、ハイパフォーマンスバージョンが存在する。


「アクティック」リアビュー

【デトロイトショー2004】ニューマーケットへチャレンジする日本メーカー(その1)

日産は、NDA(ニッサン・デザイン・アメリカ)から、「アクティック」が登場。デザインスタディモデルだが、PUMA社と共同開発のタイヤ、エアストリーム社と共同開発の小型キャンピングトレーラーなど、新たなクロスオーバーにチャレンジしている意欲は高く評価したい。

(文=桃田健史)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。