ジャガー「Sタイプ」に安全装備を加えた特別モデル

2004.01.09 自動車ニュース
 

ジャガー「Sタイプ」に安全装備を加えた特別モデル

ジャガージャパンは、ミディアムセダン「Sタイプ」に、安全装備のオプションパッケージを付けた特別装備車「Sタイプ3.0V6インテリジェントセーフティパッケージ」を、2004年1月10日に発売する。販売台数は80台限定。


ACCの概念図
 

この特別装備車は、3リッターV6搭載の「Sタイプ3.0V6」をベースに、安全装備のオプションを追加したもの。ボディカラーを、通常は受注生産扱いとなる「スレート」(トリムカラーはダヴ)としたモデルを60台、「ラディアンスレッド」(同サンド)を20台用意する。

具体的な装備の内容は、以下の通り。

・アクセル操作をすることなく一定のスピードで走る「クルーズコントロール機能」に加え、レーダーセンサーで先行車との距離を感知して一定の車間距離を保つよう自動的に加減速する「衝突防止安全技術(ACC)」
・超音波センサーで前席の乗員のポジションや体格などを検知し、衝突時に最適レベルでエアバッグを開く「A.R.T.S.(アダプティブレストレイントテクノロジーシステム)」
・走行時の車両姿勢をモニターし、オーバーステアやアンダーステアに陥ってもABSとトラクションコントロールを協調制御する「DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)」
・オート光軸調節機能付きのキセノン(HID)ヘッドランプ
・ボタンひとつで最適なドライビングポジションを記憶する電動可動式のフットペダルや、ステアリングホイールとシート、ミラーのメモリ機能付き電動可動式コントロール装置
・緊急ブレーキ時に、最大限のブレーキパワーを出す「EBA(エマージェンシーブレーキアシスト)」
・追突時に首と頸椎への傷害を軽減する衝撃吸収シートシステム

価格は、ベース車の16.0万円増し、639.0万円。詳しくは、ジャガーコール(0120-050-689、午前9時〜午後9時まで年中無休)へ。

(webCG カワデ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る