【デトロイトショー2004】ホンダ、氷点下でも始動できる燃料電池車を発売へ

2004.01.08 自動車ニュース
【デトロイトショー2004】ホンダ、氷点下でも始動できる燃料電池車を発売へ

【デトロイトショー2004】ホンダ、氷点下でも始動できる燃料電池車を発売へ

本田技研工業は、2004年1月4日、2004年北米国際自動車ショー(NAIAS、通称デトロイトショー)で、氷点下でも始動できる新しい燃料電池スタック「Honda FC STACK」を積む燃料電池車「FCX」を、2005年に日米で発売すると発表した。


箱根駅伝で大会本部車をつとめる、新しい燃料電池スタックを積んだ「FCX」

【デトロイトショー2004】ホンダ、氷点下でも始動できる燃料電池車を発売へ

「Honda FC STACK」は、新素材の電解質膜などにより、部品点数を従来型スタックの約半数に削減。さらに、高効率化、耐久性向上を図った、「次世代型の燃料電池スタック」だという。これを搭載する「FCX」は、2003年9月24日に国土交通大臣認定を取得。日本での公道走行テストに加え、04年1月2日〜3日に開催された「第80回東京箱根間往復大学駅伝」では、大会本部車として使われた。04年は、アメリカでの公道テストを開始するという。

(webCGオオサワ)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。