トヨタ「ハリアー」一部改良、特別仕様車も発売

2004.01.08 自動車ニュース

トヨタ「ハリアー」一部改良、特別仕様車も発売

トヨタ自動車は、街乗りSUV「ハリアー」にオプション設定されるナビゲーションシステムを、テレマティクス「G-B00K」対応モデルに変更。さらに、シート表皮にアルカンタラを採用した特別仕様車「アルカンターラ・バージョン」を設定し、いずれも2004年1月7日に発売した。

今回の一部改良では、オプション設定のDVDボイスナビゲーション付きEMV(エレクトロマルチビジョン)を最新モデルに変更し、トヨタの情報ネットワークシステム「G-BOOK」に対応させた。ラインナップや価格に変更はない。

特別仕様車「アルカンターラ・バージョン」は、「240G」と「300G」をベースに、シートとドアトリム表皮にスエード調の人工皮革「アルカンターラ」を採用。内装の質感を高めたモデルだ。内装ではほかに、G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きEMVや、音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター、木目調ステアリングホイール&シフトノブなどが付与された。外装は、オートレベリング機能付きHIDヘッドランプ(ロービーム)と、17インチアルミホイールが特別装備される。

価格は、いずれもベースモデルより50.0万円アップ。「240Gアルカンターラバージョン」のFFが299.0万円、4WDは323.0万円。「300Gアルカンターラバージョン」は、FFが331.0万円、4WDは359.0万円。

(webCG カワデ)

トヨタ自動車「ハリアー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/harrier/

 
トヨタ「ハリアー」一部改良、特別仕様車も発売の画像

関連キーワード:
ハリアートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
ホームへ戻る