トヨタ「ハリアー」一部改良、特別仕様車も発売

2004.01.08 自動車ニュース

トヨタ「ハリアー」一部改良、特別仕様車も発売

トヨタ自動車は、街乗りSUV「ハリアー」にオプション設定されるナビゲーションシステムを、テレマティクス「G-B00K」対応モデルに変更。さらに、シート表皮にアルカンタラを採用した特別仕様車「アルカンターラ・バージョン」を設定し、いずれも2004年1月7日に発売した。

今回の一部改良では、オプション設定のDVDボイスナビゲーション付きEMV(エレクトロマルチビジョン)を最新モデルに変更し、トヨタの情報ネットワークシステム「G-BOOK」に対応させた。ラインナップや価格に変更はない。

特別仕様車「アルカンターラ・バージョン」は、「240G」と「300G」をベースに、シートとドアトリム表皮にスエード調の人工皮革「アルカンターラ」を採用。内装の質感を高めたモデルだ。内装ではほかに、G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きEMVや、音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター、木目調ステアリングホイール&シフトノブなどが付与された。外装は、オートレベリング機能付きHIDヘッドランプ(ロービーム)と、17インチアルミホイールが特別装備される。

価格は、いずれもベースモデルより50.0万円アップ。「240Gアルカンターラバージョン」のFFが299.0万円、4WDは323.0万円。「300Gアルカンターラバージョン」は、FFが331.0万円、4WDは359.0万円。

(webCG カワデ)

トヨタ自動車「ハリアー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/harrier/

 
トヨタ「ハリアー」一部改良、特別仕様車も発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
ホームへ戻る