トヨタ「イプサム」特別仕様車が発売

2004.01.08 自動車ニュース

トヨタ「イプサム」特別仕様車が発売

トヨタ自動車は、3列シートのミニバン「イプサム」に、シート表皮にアルカンターラを採用するなどして質感を高めた特別仕様車「240iアルカンターラバージョン」を設定。これに「G-BOOK」対応ナビゲーションシステムを付与した「240iアルカンターラバージョン・NAVIスペシャル」とあわせて、2004年1月6日に発売した。

特別仕様車のベースは、7人乗りのベーシックグレード「イプサム240i」。「アルカンターラバージョン」は、シート表皮や車検証入れに、スエード調の人工皮革「アルカンターラ」を、ドアトリムにトリコットニット表皮を採用し、質感を高めた仕様だ。内装ではこのほか、オプティトロンメーターや、プッシュ式ヒーターコントロールパネルなども特別装備した。外装には、16インチアルミホイールとフォグランプを装着する。
価格はベースモデルより10.0万円高で、FFが225.0万円、4WDは249.0万円。

「アルカンターラバージョン・NAVIスペシャル」は、上記の特別装備に加え、トヨタが開発した情報ネットワークサービス「G-BOOK」対応のDVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーションを搭載する。こちらの価格は、ベース車より44.0万円高く、FFが259.0万円、4WDは283.0万円。

(webCG カワデ)

トヨタ自動車「イプサム」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Ipsum/

 
トヨタ「イプサム」特別仕様車が発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

イプサムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る