トヨタ「イプサム」特別仕様車が発売

2004.01.08 自動車ニュース

トヨタ「イプサム」特別仕様車が発売

トヨタ自動車は、3列シートのミニバン「イプサム」に、シート表皮にアルカンターラを採用するなどして質感を高めた特別仕様車「240iアルカンターラバージョン」を設定。これに「G-BOOK」対応ナビゲーションシステムを付与した「240iアルカンターラバージョン・NAVIスペシャル」とあわせて、2004年1月6日に発売した。

特別仕様車のベースは、7人乗りのベーシックグレード「イプサム240i」。「アルカンターラバージョン」は、シート表皮や車検証入れに、スエード調の人工皮革「アルカンターラ」を、ドアトリムにトリコットニット表皮を採用し、質感を高めた仕様だ。内装ではこのほか、オプティトロンメーターや、プッシュ式ヒーターコントロールパネルなども特別装備した。外装には、16インチアルミホイールとフォグランプを装着する。
価格はベースモデルより10.0万円高で、FFが225.0万円、4WDは249.0万円。

「アルカンターラバージョン・NAVIスペシャル」は、上記の特別装備に加え、トヨタが開発した情報ネットワークサービス「G-BOOK」対応のDVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーションを搭載する。こちらの価格は、ベース車より44.0万円高く、FFが259.0万円、4WDは283.0万円。

(webCG カワデ)

トヨタ自動車「イプサム」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Ipsum/

 
トヨタ「イプサム」特別仕様車が発売の画像

関連キーワード:
イプサムトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
ホームへ戻る