「アルファ147/156」にスポーティグレード「TI」追加

2004.01.08 自動車ニュース

「アルファ147/156」にスポーティグレード「TI」追加

フィアットオートジャパンは、アルファロメオブランドのハッチバック「アルファ147」と、セダン「アルファ156」に、スポーティ装備を与えた新グレード「TI」を追加設定。2004年1月17日に発売する。同時に、「156 2.0JTS」にマニュアルトランスミッション車が設定される。

■スポーティな「TI」シリーズ

「TI」の称号は、歴代アルファロメオのなかでもスポーティグレードに与えられるもので、イタリア語の「Turismo Internazionale」に由来する。サーキットを見据えた「GTA」ほど本格的ではない、ライトチューン版という位置づけで、今回追加されたグレードもその名の通り、ベース車にスポーティ装備を付与したモデルだ。

「147 2.0ツインスパーク」と「156 2.0JTS/2.5V6 24V」をベースとした「TI」シリーズは、エクステリアに215/45R17サイズのタイヤと、専用デザインのアルミホイールを採用。ブレーキパッドも専用品となる。156TIは、ローダウンサスペンションとサイドスカートを装着し、よりスポーティな仕様となる。ボディ後部には、「TI」ロゴの専用バッヂが光る。
インテリアは、電動リクライン式スポーツシートやスポーツレザーステアリングホイール(156のみ)、ブラック基調のスポーツインテリアなどが、走りの演出に一役買う。さらに、キセノンヘッドライトなどの便利機能も備わる。「TI」ロゴの入ったキックプレートによる、さりげない演出も忘れない。

■156にマニュアル追加

同時に、156のベーシックグレード「156 2.0JTS」に、5段MTが新設定された。右ハンドル仕様なのはうれしい。フェイスリフトの際にとぎれてしまった「156」のマニュアル車が、これで復活とあいなった。オプション装備として、スポーツレザーシート、ヘッドライトウォッシャーを装備した「ラグジュアリーパック」(20.0万円)も用意される。

各車の価格は以下の通り。

●アルファ147 TI(3ドア)
2.0ツインスパーク(5MT/右ハンドル):302.0万円
2.0ツインスパーク セレスピード(2ペダル5MT/右ハンドル):315.0万円

●アルファ156 TI
2.0JTS(5MT/左ハンドル):391.0万円
2.0JTS セレスピード(2ペダル5MT/右ハンドル):418.0万円
2.5V6 24V(6MT/右ハンドル):431.0万円

●アルファ156
2.0JTS(5MT/右ハンドル):366.0万円

(webCG 本諏訪)

アルファロメオ:
http://www.alfaromeo-jp.com/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る