トヨタ「アルファード」シリーズに特別仕様車

2004.01.08 自動車ニュース

トヨタ「アルファード」シリーズに特別仕様車

トヨタ自動車は、同社の最上級ミニバン「アルファードG」「アルファードV」に、人工皮革「アルカンターラ」とファブリックのシート表皮を装備するなどした特別仕様車「プレミアム・アルカンターラ・バージョン」を設定。2004年1月6日に発売した。

特別仕様車のベースは、スポーティな2.4リッターの最上級グレード「AS」(8人乗り)と、3リッターの中間グレード「MS」(8人乗り)。いずれにも、シート表皮にアルカンターラとファブリック(スエード調ニット)を採用したほか、車検証入れも専用のアルカンターラ仕様とし、質感を高めた。名前はそれぞれ「ASプレミアム・アルカンターラバージョン」、「MSプレミアム・アルカンターラバージョン」だ。アルカンターラはスエード調の人工皮革で、高級家具とインテリアの表皮材や、ブランド品の素材にも使用されているという。
その他の特別装備として、専用のファブリックドアトリム表皮やオプティトロンメーター、紺木目調のセンターフロアコンソールボックス天板などが装着される。

価格は、いずれもベースモデルより12.0万円高く、アルファードG、Vともに、「ASプレミアム・アルカンターラバージョン」のFFタイプが308.0万円、4WDは332.0万円。「MSプレミアム・アルカンターラバージョン」FFが332.0万円、4WDは356.0万円。

(webCG カワデ)

トヨタ自動車「アルファードG」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/AlphardG/
同「アルファードV」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/AlphardV/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る