【デトロイトショー2004】ホンダ、コンセプトカー「Honda SUTコンセプト」発表

2004.01.08 自動車ニュース
【デトロイトショー2004】ホンダ、コンセプトカー「Honda SUTコンセプト」発表

【デトロイトショー2004】ホンダ、コンセプトカー「Honda SUTコンセプト」発表

本田技研工業の米国現地法人「アメリカン・ホンダモーター」は、2004年1月4日、2004年北米国際自動車ショー(NAIAS、通称デトロイトショー)で、スポーツユーティリティトラック(SUT)のコンセプトモデル「Honda SUTコンセプト」を発表した。2005年の発売が予定される。




【デトロイトショー2004】ホンダ、コンセプトカー「Honda SUTコンセプト」発表

「Honda SUTコンセプト」は、北米で人気のピックアップ市場に参入する同社初のモデル。「活動的で趣味を楽しむ家族」をターゲットに、全長5フィート(約1.52m)の荷台を備えたトラックのユーティリティ性と、5人乗りの室内空間など、SUVとしての機能性や走行性能を融合させ、「次世代型トラックの方向性を示す」モデルだという。




【デトロイトショー2004】ホンダ、コンセプトカー「Honda SUTコンセプト」発表

トラックとはいいながら、ラダーフレームではなくモノコックボディを採用。サスペンションも4輪独立式で、ライトトラックの分野には見られなかった乗り心地と、ハンドリング性能の実現を謳う。かつてはフレーム+リジッドサスペンションだったミニバンやSUVも、いまやモノコック+独立サス。ピックアップトラックにも、その流れが訪れたということか。

エンジンは、「VTEC」付きV6SOHCを搭載。駆動方式に、電子制御4輪駆動システムを組み合わせ、全天候での優れた走破性と低レベルの排出ガス、低燃費を両立させたという。
安全装備は、ロールオーバーセンサー付きサイドカーテンエアバッグのほか、スピンを防ぐ電子デバイス「VSA」、乗員姿勢検知機能付きフロントサイドエアバッグ、4輪ABS、歩行者傷害軽減ボディなどを採用している。

生産は、カナダ・オンタリオ州内の工場で行う予定。これに伴い、現在同工場で生産されている「オデッセイ」の生産は、アラバマ州リンカーンの工場に移管される。

加えて、ホンダは「アコード」のハイブリッドモデルを、2004年後半にリリースすることを明らかにした。「インスパイア」で採用した、可変シリンダーシステムを備えるV6エンジンに、ホンダのハイブリッドシステム「IMA」(Integrated Motor Assist)を組み合わせ、「シビック」並の燃費と、高い動力性能をもつモデルになるという。

(webCG カワデ)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。