【デトロイトショー2004】フォードの歴史引用的コンセプトカー「シェルビーコブラ」

2004.01.07 自動車ニュース

【デトロイトショー2004】フォードの歴史引用的コンセプトカー「シェルビーコブラ」

年初恒例の国際自動車ショー「デトロイトショー」ことNAIAS(North American International Auto Show)が、2004年1月4日のプレスデイで幕を開けた。webCGエグゼクティブディレクター、大川 悠が現地から報告する。

■「エスケープ・ハイブリッド」で会場へ!

初日の夕方激しい雪が降り、「2004年もまたトラブルか……」と思ったら、夜中までにやんでくれた。

いかにもデトロイトらしく寒い早朝、ホテルからシャトルで会場に向かおうとしたら、そこにいた女性に声をかけられた。「会場へいらっしゃるなら、このクルマでお送りします」。外に出たら、「フォード・エスケープ」のハイブリッドが待っていた。
フォードはこのクルマをデモンストレートするために、主要ホテルから会場までの足として、相当数のエスケープ・ハイブリッドを用意していたのだ。でも会場までの数分では、ハイブリッドだかなんだかわからない。なぜって、いつもエンジンとモーターがまわっていたから。

会場に到着して真っ先に訪れたのが、前の晩に発表されたフォードのコンセプトカー、「シェルビーコブラ」。「サンダーバード」「マスタング」や「フォードGT」などに続く、一連の“歴史引用的コンセプトカー”である。だが、いままでのこの種のクルマは、かなりオリジナルに引っ張られていたのに対して、このコブラは新しい解釈を示している。

2座オープンのボディは、たしかに昔の「427コブラ」のデザイン言語を使っているが、表面処理は新しい。フォードのチーフデザイナー、J・メイズも、やっとコツを掴んだのだろう。
それよりも魅力的なのはシャシーで、フォードGTに似たアルミのスペースフレームに、GTと同じ前後サスペンションを備える。ただしコブラの場合、エンジンはもちろんフロントにあり、2年前のコンセプトカーに使われた6.4リッターのV10を搭載。最高出力605psを誇るこれは、トランスアクスルの6段MTと組み合わされる。フォードのことだから、多分これも市販するだろう。

(webCG大川悠)

【デトロイトショー2004】フォードの歴史引用的コンセプトカー「シェルビーコブラ」の画像

「シェルビーコブラ・コンセプト」

「シェルビーコブラ・コンセプト」

「フォード・エスケープ・ハイブリッド」

「フォード・エスケープ・ハイブリッド」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。