シボレー、新型「コーベット」をデトロイトで発表

2004.01.06 自動車ニュース
 

シボレー、新型「コーベット」をデトロイトで発表

ゼネラルモーターズのシボレーブランドは、2004年1月4日に開幕した「デトロイトモーターショー」ことNAIAS(North American International Auto Show)で、6代目となる「コーベット」を発表する。生産開始は、2004年第3四半期(7〜9月)の予定。コンバーチブルは同年前半に発表、秋に生産を始めるという。



 

1953年に誕生した、アメリカを代表するスポーツカー「コーベット」が、6代目に生まれ変わる。「C6」と呼ばれる新型は、写真のとおり従来の面影を残しながらも、性能と洗練さを高次元で両立させたと謳われる。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4435×1844×1246mmと、現行モデル比で約130と25mm短く、26mm高い。ホイールベースは約30mm長い2686mm。軽量かつ高強度であることや、Cd値0.28の優れた空力特性を実現したという。ちなみに、C6型は1962年以来初めて、リトラクタブルヘッドランプが廃止され、キセノンとHIDを組み合わせたヘッドランプとなった。

エンジンは、古典的なV8OHVを搭載。従来の5.7リッターV8に較べて、ボアを9.6mm拡大し、排気量6リッター、最高出力は従来を50ps上まわる400ps/6000rpmを得た。新しいエンジンは、燃費に対する出力の高さがウリで、GMの発表によれば、「一部のファミリーセダンを上まわる燃費効率」とか。トランスミッションは、6段MTと4段ATの2種類で、6段MTは、ノーマルとハイパフォーマンス版「Z51」向け、2種類のギア比が設定される。

サスペンション形式も従来型を踏襲し、前後ともダブルウィッシュボーンとリーフスプリングの組み合わせ。一方、アームやダンパー、ブッシュなどの設計を変更し、乗り心地や性能の向上を図った。なお、サスペンションはスタンダード、Z51パフォーマンスパッケージ、そして、磁気を利用したアクティブサスペンション「マグネティックライドコントロール」の3種類から選択できる。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る