シボレー、新型「コーベット」をデトロイトで発表

2004.01.06 自動車ニュース
 

シボレー、新型「コーベット」をデトロイトで発表

ゼネラルモーターズのシボレーブランドは、2004年1月4日に開幕した「デトロイトモーターショー」ことNAIAS(North American International Auto Show)で、6代目となる「コーベット」を発表する。生産開始は、2004年第3四半期(7〜9月)の予定。コンバーチブルは同年前半に発表、秋に生産を始めるという。



 

1953年に誕生した、アメリカを代表するスポーツカー「コーベット」が、6代目に生まれ変わる。「C6」と呼ばれる新型は、写真のとおり従来の面影を残しながらも、性能と洗練さを高次元で両立させたと謳われる。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4435×1844×1246mmと、現行モデル比で約130と25mm短く、26mm高い。ホイールベースは約30mm長い2686mm。軽量かつ高強度であることや、Cd値0.28の優れた空力特性を実現したという。ちなみに、C6型は1962年以来初めて、リトラクタブルヘッドランプが廃止され、キセノンとHIDを組み合わせたヘッドランプとなった。

エンジンは、古典的なV8OHVを搭載。従来の5.7リッターV8に較べて、ボアを9.6mm拡大し、排気量6リッター、最高出力は従来を50ps上まわる400ps/6000rpmを得た。新しいエンジンは、燃費に対する出力の高さがウリで、GMの発表によれば、「一部のファミリーセダンを上まわる燃費効率」とか。トランスミッションは、6段MTと4段ATの2種類で、6段MTは、ノーマルとハイパフォーマンス版「Z51」向け、2種類のギア比が設定される。

サスペンション形式も従来型を踏襲し、前後ともダブルウィッシュボーンとリーフスプリングの組み合わせ。一方、アームやダンパー、ブッシュなどの設計を変更し、乗り心地や性能の向上を図った。なお、サスペンションはスタンダード、Z51パフォーマンスパッケージ、そして、磁気を利用したアクティブサスペンション「マグネティックライドコントロール」の3種類から選択できる。

(webCGオオサワ)

関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベットZ06 Z07パッケージ装着車(FR/7MT)【試乗記】 2015.10.7 試乗記 アメリカが誇る高性能スポーツカー「シボレー・コルベット」に、最高出力659psの過給機つき6.2リッターV8エンジンを搭載したハイパフォーマンモデル「Z06」が登場。迫力のルックスと豪快な加速性能だけにとどまらない、“史上最強のコルベット”の魅力に触れた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(後編) 2017.5.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。フォーツーのかわいらしい走りにぞっこんの谷口。ずばり、同車の魅力とはなんなのだろうか。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る