【デトロイトショー2004】フォードの新型「マスタング」

2004.01.06 自動車ニュース
【デトロイトショー2004】フォードの新型「マスタング」

【デトロイトショー2004】フォードの新型「マスタング」

年初恒例の国際自動車ショー「デトロイトショー」ことNAIAS(North American International Auto Show)が、2004年1月4日のプレスデイで幕を開けた。webCGエグゼクティブディレクター、大川 悠が現地から報告する。


「フォード・ファイブハンドレッド」

【デトロイトショー2004】フォードの新型「マスタング」

■乗用車にも力を入れ始めたフォード

プレスデイ初日午後一番はフォードの発表。この朝、全米カー・オブ・ザ・イヤーのトラック部門(乗用車部門は見事「トヨタ・プリウス」が獲った!)に輝いた「F-150」に続いて、4種の生産モデルが登場した。




【デトロイトショー2004】フォードの新型「マスタング」

まずは「ファイブハンドレッド」。一見、「フォルクスワーゲン・パサート」やアウディを思わせる、ヨーロッパ的なルックスの4ドアセダンは、「トーラス」に代わるフォード乗用車の主役になる。グループ企業のマツダ「アテンザ」と同じプラットフォームで、2.9m近い長いホイールベースに、全長×全幅×全高=5099×1873×1525mmという、かなり大きなボディを持つ。フォードはこの他、恐らく、マツダ・アテンザとプラットフォームを共用する乗用車も出す。SUVやトラックに懸命になっていたあまり、手薄になった乗用車部門の再見が、ここ2〜3年の課題だろう。


「フォード・フォーカス」

【デトロイトショー2004】フォードの新型「マスタング」

次に登場したニュー「フォーカス」は、期待とはうらはらにマイナーチェンジに近く、古いプラットフォームを使う。ヨーロッパでは近々「C−マックス」をベースとした別の新型フォーカスが出るはずで、これはマツダ・アクセラやボルボC40と同じ、新しいCプラットフォームを使うはずだ。ということは、この機会にヨーロッパ版とアメリカ版のフォーカスを分離するのではないかと思われる。


「フォード・フリースタイル」

【デトロイトショー2004】フォードの新型「マスタング」

フォーカス以上に意味があるのが、その次に出てきた「フリースタイル」。ワゴンボディを纏う一種のクロスオーバーコンセプトで、プラットフォームはまったく新しいものが使われる。


新型「マスタング」

【デトロイトショー2004】フォードの新型「マスタング」

そして予想通り、新しい「マスタング」が登場した。2003年の「マスタング・コンセプト」を見慣れた目には、やや切れ味が悪く感じられたのは、量産のために全体のプロポーションやディテイルを変えたためだろう。なんとなく細くなり、サイドのブリスターやフェンダーの張り出しがより高く、弱くなった。それでも、オリジナル・マスタングと最新のマスタングのデザイン・キューが、巧みに使われている。GTグレードは300psを発する4.6リッターV8を搭載。V6は4リッター202psのアウトプットになるが、2万ドル台から買えるというそのお値段は売り物になるだろう。
なお、その夜に新型「シェルビー・コブラ」もお披露目されたはずだが、それらの話はまた今度。

(webCG大川 悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る