【スペック】ワゴンR RR-DI:全長×全幅×全高=3395×1475×1635mm/ホイールベース=2360mm/車重=860kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブターボ・インタークーラー付き(64ps/6500rpm、10.5kgm/3500rpm)/車両本体価格=140.0万円(テスト車=同じ)

スズキ・ワゴンR RR-DI(FF/4AT)【短評(後編)】

異端が異端でなくなるジレンマ(後編) 2004.01.02 試乗記 スズキ・ワゴンR RR-DI(FF/4AT)……140.0万円久々に軽のステアリングホイールを握った、別冊編集部の道田宣和。最近の軽のでき具合や、リアの居住性に瞠目する一方、走りに軽ならではの限界に……。

「これでいいじゃないか!」の居住性

「軽よオマエもか!」と思わず声を発したのは、ヘビースモーカーの筆者が、あるはずのない灰皿を捜してダッシュボードをまさぐった挙げ句、結局は徒労に終わったときのこと。けれども、それは軽オーナーの皆様に対して失礼というもの。クルマを単なる道具と割り切って、普通車のオーナー以上に覚めた目で見る彼らだからこそ、時代感覚には人一倍鋭いはずなのだ。灰皿がオプションになる代わりに、カップホルダーが最初からダッシュボード下端の好位置にふたつ付き、しかもコラムシフトであるのを利用して、反対側に出るときには巧妙に畳まれるので、乗り降りに際して実に具合がいい。

それはともかく、クルマ全体も“今日的感覚”に仕上がっているのは間違いない。タイヤをことさらボディの四隅に追い込まなかったせいで、いまや2360mmのホイールベースは必ずしも軽一番というわけではないが、上屋の余裕が効いてか、室内は幅を含めて意外なほど狭苦しさが感じられない。
それどころか、左右独立してスライドやリクラインができるリアシートは、かつて圧倒的なレッグルームの広さで名を売ったアウディのミドルサルーンや、「フォルクスワーゲン・パサート」並みなのには驚いた。落ち着いた黒のファブリックシートも、どことなくドイツ車を想わせ、プラスチックの表情にも安っぽさがない。ドアは開閉音が重厚で、そのくせ軽さが災いしていくぶん締まりが悪いところは、ある種の演出か? と疑われたほどだ。乗り降りはこれ以上ないと思わせる楽チンさ。ドアを開けて、腰を下ろしたところにクッションがある。

限られたスペースを最大限に利用した小物入れの多さも、まさに日本的な知恵とワザそのものだ。トップモデルとあって、装備は上級車顔負け。オートエアコン、電動格納ドアミラー、MD/CDプレーヤー、キーレスエントリー+セキュリティアラームシステム等々がそれだ。さらに、比較的コストが高い直噴ターボを積むため、車両価格は140.0万円と高価である。エアコンやキーレスエントリーそのものは、中位以下の「FX」(2WD/5MT=88万円から)でも付いているのだから、安さを軽自動車の魅力と考えるなら、もうすこしグレードを落とした方がバリュー感は大きいだろう。

果たしてオーナーは……?

とまあ、久しぶりに乗った軽自動車の充実ぶりに、すっかり感心の体だった筆者。ではあるが、いざ走り始めてからの印象には、残念ながら依然として“軽”なるがゆえの制約や、限界を感じざるをえなかった。

エンジンはいい。ブレーキは、むしろ普通車の水準を以てしても秀逸なくらい。860kgの軽い車重に64psのパワー、というより10.5kgmのトルクは充分以上で、低めのギアリングも奏功する。いまや堂々と100km/hで走れるようになった、高速道路の巡航速度にも軽々と到達できる俊敏さだ。ブレーキはオーバーサーボ気味に感じられるほどよく効くうえに、あえてパニックストップを試みても一切の乱れがなく、ABSの不快な振動さえミニマムに抑えられている。昔の軽とは確実に一線を画する点だ。おそらく、タイヤ(165/55R14)がまともになったからである。

ではなにが気に入なるかと言えば、“足まわりのキャパシティー不足”に尽きる。コーナリングにイマイチ自信が持てないのもそのためだが、たとえ直進状態でも、パワー相応のペースを維持するのはいささかツライところ。そもそも、軽いが3.7回転もするステアリングはレシオは、もうすこし“速くて”いい。のみならず、ロック付近になると不自然に重くなったり、ジオメトリーの関係からか、コーナー出口で一瞬切れっぱなしになる悪癖も垣間見られた。

足まわりの適度にファームな硬さ自体は問題ないとしても、アーム類のロケーションやバネ/ダンパーの前後バランスが適切でないとみえ、コーナーで剛性感に欠けたり、リアアクスルを軸としたフロントの上下動が目立ったりする。行き届いた遮音もあってか、低速では望外とも言える静かさだが、Dレンジで4000rpm、3速では5500rpmに相当するメーター読みの100km/hは、やはりウルサイ。“四角い箱”は横風に弱く、そんなときのウィンドノイズも相当なものだ。

なんだか、非常に惜しい気がしてきた。ボディはいいのに足はイマイチ。となると、やはり同じ140.0万円を投じるなら、「トヨタ・ヴィッツ」や「日産・マーチ」「ホンダ・フィット」「三菱・コルト」「マツダ・デミオ」といった、世界的にも水準の高いモデルがひしめく小型普通車の存在が頭を過ぎったとしても、不思議はないだろう。

(文=道田宣和/写真=清水健太/2003年12月)

・スズキ・ワゴンR RR-DI(FF/4AT)【短評(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000014526.html



スズキ・ワゴンR RR-DI(FF/4AT)【短評(後編)】の画像
助手席の下には、収納ボックスが備わる。

助手席の下には、収納ボックスが備わる。


スズキ・ワゴンR RR-DI(FF/4AT)【短評(後編)】の画像
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

写真をクリックするとシートアレンジが見られます。


スズキ・ワゴンR RR-DI(FF/4AT)【短評(後編)】の画像


スズキ・ワゴンR RR-DI(FF/4AT)【短評(後編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
ホームへ戻る