ホンダ「フィット」のボディカラー追加

2003.12.29 自動車ニュース

ホンダ「フィット」のボディカラー追加

本田技研工業は、コンパクトカー「フィット」に3色のボディカラーを追加。さらに、エンジンの環境性能を向上させ、2003年1月13日から販売を開始する。

今回追加されたボディカラーは、軽自動車「ライフ」に採用した、「マッチャクレム」(写真)「カラメルクレム」「バニラクレム」の3色。このなかで、「バニラクレム」は3000台の限定色となる。

同時に、環境性能の向上も図られ、平成17年排出ガス規制に適合。1.3リッター車は、国土交通省平成17年排出ガス基準75%低減レベルの「★★★★低排出ガス車」をパス、1.5リッター車は、同50%低減レベルの「★★★低排出ガス車」認定を受けた。

価格の変更はなく、「Yタイプ」(FF)の106.5から「1.5T」(4WD)の153.0万円まで。

(webCG 本諏訪)

ホンダ「フィット」:
http://www.honda.co.jp/Fit/

 
ホンダ「フィット」のボディカラー追加の画像

関連キーワード:
フィットホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る