「マイバッハ」価格改定

2003.12.29 自動車ニュース

「マイバッハ」価格改定

ダイムラークライスラー日本は2004年12月26日、超高級リムジン「マイバッハ」の価格を、2004年1月受注分より改定すると発表した。全グレードで、170万円から195万円の値上げ。

「マイバッハ」は、ダイムラークライスラー社が生産する超高級ブランド。2002年のニューヨークショーで初公開され、日本では2002年9月からオーダーを受け付けている。

今回、ドイツの工場出荷額価格が上昇したことに伴い、日本での価格が改定された。もともとの価格が高価なせいか、2リッタークラスの乗用車が買えるくらいの値上げとなった。
各グレードごとの価格は以下の通り。かっこ内は従来価格との差。

●マイバッハ
57(左ハンドル):4070.0万円(+170.0万円)
57(右ハンドル):4198.0万円(+175.0万円)
62(左ハンドル):4710.0万円(+190.0万円)
62(右ハンドル):4838.0万円(+195.0万円)

(webCG 本諏訪)

マイバッハ:
http://www.maybach-manufaktur.com/

 
「マイバッハ」価格改定の画像

関連キーワード:
57マイバッハ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マイバッハ/最強モデル「マイバッハ62S」を展示【出展車紹介】 2007.10.19 輸入車 マイバッハはフラッグシップの「62S」を出展する。
  • 超高級「マイバッハ」、日本でも買えます 2002.5.10 自動車ニュース ダイムラークライスラー日本は、2002年秋にヨーロッパでの発売が予定されている超高級リムジン「マイバッハ」の、日本国内における販売、サービス体制を、2002年5月7日に発表した。導入時期、価格などは明らかにされていない。
  • 特別な「メルセデス・ベンツGクラス」2車種同時に発売 2018.4.4 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年4月4日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「G350d Heritage Edition(ヘリテージエディション)」「G550 designo Magno Edition(デジーノマグノエディション)」を設定し、台数限定で発売した。
  • ドゥカティ・スクランブラー1100スペシャル(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.7 試乗記 往年のダートトラッカーを思わせるスタイリングと、ビート感あふれるL型2気筒エンジンが魅力の「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズに、リッターオーバーの大排気量を誇る「1100」が登場。その出来栄えを、ポルトガルのワインディングロードで確かめた。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
ホームへ戻る