【スペック】全長×全幅×全高=4710×1815×1490mm/ホイールベース=2755mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブ(140ps/4500rpm、22.4kgm/3300rpm)/車両本体価格=455.0万円(テスト車=456.0万円/助手席側エアバッグ)

ボルボV70ブラックサファイア(5AT)【試乗記】

クール&ジェントル 2003.12.25 試乗記 ボルボV70ブラックサファイア(5AT)……456.0万円「ブラックサファイア」というベタな名前がウレシハズカシの「V70」800台限定特別モデル。2004年度のスタートダッシュがかかった黒いボルボに、『webCG』コンテンツエディターのアオキが乗った。
V70ブラックサファイア(2004年モデル)。ニッポンの市場は、かつての「ボルボといえばワゴン」の状況から脱却しつつある。V70は、同社の総販売台数の半分を割るまでになった。安定した業績のためには、売れるモデルの分散が肝要であるから、「S60」「XC90」の好評ぶりとあわせ、ワゴン比率の相対的な低下は、ボルボジャパンにとって好ましいことだろう。

V70ブラックサファイア(2004年モデル)。ニッポンの市場は、かつての「ボルボといえばワゴン」の状況から脱却しつつある。V70は、同社の総販売台数の半分を割るまでになった。安定した業績のためには、売れるモデルの分散が肝要であるから、「S60」「XC90」の好評ぶりとあわせ、ワゴン比率の相対的な低下は、ボルボジャパンにとって好ましいことだろう。


ボルボV70ブラックサファイア(5AT)【試乗記】の画像

モノトーン調ボルボ

「恥ずかしいくらい映り込むなァ」と、カメラマンのミネさんが苦笑いする。ホテルのプールサイドで、黒いボルボのエステートを撮影している。あいにくの雨のなか、水滴が転がるサイドボディに、それでも自分の姿が映ってしまうというのだ。
大丈夫、ミネさん。ばっちりキマってますよ……クルマが。

2003年12月18日に発表された800台の限定モデル「ボルボV70BLACK SAPPHIRE」のプレス試乗会が、大分県で開催された。その名の通り「ブラックサファイアメタリック」という黒く、しかし発色のよい華やかな色にペイントされた特別仕様車で、ノンターボの2.4リッター5気筒エンジン(140ps)を積むベーシックな「V70」をベースモデルとする。
前後パンパーおよびサイドをチタニウムグレーのモールでモノトーン調に飾り、足もとはブラッククロームの17インチ「Thor(トゥール)」ホイールでしめる。薄く巻かれるのは、225のヨンゴータイヤ。

そのほか「バイキセノンヘッドランプ」「フロントフォグランプ」「ルーフレール」を装着、インテリアにレザー内装、アルミパネル、そして8スピーカーのCD/MDハイパフォーマンス・オーディオシステムを奢って、車両本体価格は455.0万円。
ちなみに、“素”のV70(400.0万円)に、メーカーオプションの「レザーパッケージ(本革シート+革巻ステアリングホイール+運転席パワーシート+メタリック塗装)」を選択すると426.0万円である。

今回のテスト車には、メーカーオプションたる「助手席エアバッグ(1.0万円)」に加え、ディーラーオプションとして「ダッシュボードカップホルダー(0.95万円)」「センタースピーカー(1.95万円)」「ラゲッジカバー(3.95万円)」を装着していた。

今回のテスト車には、メーカーオプションたる「助手席エアバッグ(1.0万円)」に加え、ディーラーオプションとして「ダッシュボードカップホルダー(0.95万円)」「センタースピーカー(1.95万円)」「ラゲッジカバー(3.95万円)」を装着していた。


ボルボV70ブラックサファイア(5AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

黒いV70でスタートダッシュ

ホテルの駐車場に試乗車が並ぶ。ブラックタイ姿のボルボが何台も。
今回の特別仕様車のテーマは「Modern Scandinavian Design in Shiny Black」なんだそうだが、それはともかく、“クールな北欧”といえば、いままで同郷の自動車メーカー「サーブ」にその印象が強かったが、四角四面だったボルボも、すこしずつ角がとれ、世慣れてきた。

もっとも、商売のほうでは以前から自他とも認める(?)手練れで、けっして多くないモデルラインナップを上手にやりくりして、消費者のボルボへの関心を途切れさせない。絶妙なスペシャルバージョンを創造して、個々のモデルの鮮度を可能な限り落とさない。“ヒトとは違うV70”で“都会派”を気取りたい(潜在)ボルボファンには、今度のクロボルボの登場は、「待ってました!」といったところだろう。

試乗前のブリーフィングで、「……(販売台数では)プジョーにお尻をカジられそうですが」とボルボスタッフの方が言ったあとに提示した資料が、300万円以上のプレミアムステーションワゴンの市場動向。ボルボV70は、BMW3シリーズ、アウディA4、メルセデスベンツCクラスのそれぞれワゴン版を抑えて……は、まぁ順当なれど、「トヨタ・クラウンエステート」の2倍近い5815台を売っている(2003年1-10月)のにはビックリ。もちろんボルボの方は口にはしなかったけれど、「小商いのプジョーとは土俵が違う」と言いたかったに違いない。もっと品のいい言葉で。

2003年1-11月間のいわゆる純輸入車市場において、ボルボは、フォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、BMWについで、第4位。登録台数はビーエムの半分以下だから、ドイツ御三家とはだいぶ水を空けられているけれど、セカンドグループの先頭を競りながら、健闘している。

なにはともあれ、V70ブラックサファイアで、2004年度のスタートダッシュを決めたいボルボジャパンである。

加速と乗り心地

ブラックサファイアの運転席は、8wayのパワーシート。アイボリーとオフブラックを組み合わせたインテリアは、外観によくマッチしていて、北欧的にカッコいい。クール!

ところが、エンジンをかけて、走り始めると、「ああ、ボルボだなぁ」と可笑しくなる。1991年デビューの「850」以来の5気筒は、ココロして回すとそれなりにスポーティなサウンドを発するのだが、普通の街乗りでは、くぐもった声でノンビリとボディを追い立てるだけ。「1560kg+3人乗車+機材」に140psだから、絶対的な加速力は“それなり”である。

一方、「ずいぶんとよくなった」と感じるのが足まわりで、17インチを履きながら、かつてのT5Rのような「穏和なスカジナビアン変じて暴れん坊に」的なオモシロさ……じゃなかった、アンバランスさがなくなった。たしかに路面によっては乗り心地がゴツゴツするけれど、格段に上がったボディ剛性の恩恵で、安心してドライブできる。





ちょっと気取っているけれど

ブラックサファイアは、本国ボルボのSV(スペシャル・ヴィークル)というディヴィジョンで企画されたそうで、日本以外でも同じ内外装でデリバリーされる。ただし、モデルの位置づけは各国のボルボに任されていて、ターボを積んでスポーティバージョンと定義する市場もあれば、カタログモデルに組み込むところもあるという。個人的には、「スペシャルな外観に合わせて“速い”V70にした方がいい」と考えたが、ボルボジャパンは、ターボモデル「T-5sport」との喰い合いを嫌い、また、価格を抑えて販売台数を重視したわけだ。

「やまなみハイウェイ」は適度なカーブが次々と現れる素敵なドライブコースで、黒いボルボで流すのが楽しい。別府に向かう途中では、温泉地らしく、蒸気がたちこめていたりする。ボルボのいいところは、いかなるときでもドライバーをせき立てないことで、ステアリングホイールを握りながら、外の景色を楽しめる。もちろん、前方に注意しながら。
ブラックサファイアは、ちょっと気取っているけれど、「退屈」を「リラックス」に変えるV70の特徴を、しっかり備えた特別仕様車だ。見かけは「クール」だけど、運転すると「ジェントル」であたたかい。


(文=webCGアオキ/写真=峰 昌宏/2003年12月)

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る