【スペック】全長×全幅×全高=4710×1815×1490mm/ホイールベース=2755mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブ(140ps/4500rpm、22.4kgm/3300rpm)/車両本体価格=455.0万円(テスト車=456.0万円/助手席側エアバッグ)

ボルボV70ブラックサファイア(5AT)【試乗記】

クール&ジェントル 2003.12.25 試乗記 ボルボV70ブラックサファイア(5AT)……456.0万円「ブラックサファイア」というベタな名前がウレシハズカシの「V70」800台限定特別モデル。2004年度のスタートダッシュがかかった黒いボルボに、『webCG』コンテンツエディターのアオキが乗った。
V70ブラックサファイア(2004年モデル)。ニッポンの市場は、かつての「ボルボといえばワゴン」の状況から脱却しつつある。V70は、同社の総販売台数の半分を割るまでになった。安定した業績のためには、売れるモデルの分散が肝要であるから、「S60」「XC90」の好評ぶりとあわせ、ワゴン比率の相対的な低下は、ボルボジャパンにとって好ましいことだろう。

V70ブラックサファイア(2004年モデル)。ニッポンの市場は、かつての「ボルボといえばワゴン」の状況から脱却しつつある。V70は、同社の総販売台数の半分を割るまでになった。安定した業績のためには、売れるモデルの分散が肝要であるから、「S60」「XC90」の好評ぶりとあわせ、ワゴン比率の相対的な低下は、ボルボジャパンにとって好ましいことだろう。


ボルボV70ブラックサファイア(5AT)【試乗記】の画像

モノトーン調ボルボ

「恥ずかしいくらい映り込むなァ」と、カメラマンのミネさんが苦笑いする。ホテルのプールサイドで、黒いボルボのエステートを撮影している。あいにくの雨のなか、水滴が転がるサイドボディに、それでも自分の姿が映ってしまうというのだ。
大丈夫、ミネさん。ばっちりキマってますよ……クルマが。

2003年12月18日に発表された800台の限定モデル「ボルボV70BLACK SAPPHIRE」のプレス試乗会が、大分県で開催された。その名の通り「ブラックサファイアメタリック」という黒く、しかし発色のよい華やかな色にペイントされた特別仕様車で、ノンターボの2.4リッター5気筒エンジン(140ps)を積むベーシックな「V70」をベースモデルとする。
前後パンパーおよびサイドをチタニウムグレーのモールでモノトーン調に飾り、足もとはブラッククロームの17インチ「Thor(トゥール)」ホイールでしめる。薄く巻かれるのは、225のヨンゴータイヤ。

そのほか「バイキセノンヘッドランプ」「フロントフォグランプ」「ルーフレール」を装着、インテリアにレザー内装、アルミパネル、そして8スピーカーのCD/MDハイパフォーマンス・オーディオシステムを奢って、車両本体価格は455.0万円。
ちなみに、“素”のV70(400.0万円)に、メーカーオプションの「レザーパッケージ(本革シート+革巻ステアリングホイール+運転席パワーシート+メタリック塗装)」を選択すると426.0万円である。

今回のテスト車には、メーカーオプションたる「助手席エアバッグ(1.0万円)」に加え、ディーラーオプションとして「ダッシュボードカップホルダー(0.95万円)」「センタースピーカー(1.95万円)」「ラゲッジカバー(3.95万円)」を装着していた。

今回のテスト車には、メーカーオプションたる「助手席エアバッグ(1.0万円)」に加え、ディーラーオプションとして「ダッシュボードカップホルダー(0.95万円)」「センタースピーカー(1.95万円)」「ラゲッジカバー(3.95万円)」を装着していた。


ボルボV70ブラックサファイア(5AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

黒いV70でスタートダッシュ

ホテルの駐車場に試乗車が並ぶ。ブラックタイ姿のボルボが何台も。
今回の特別仕様車のテーマは「Modern Scandinavian Design in Shiny Black」なんだそうだが、それはともかく、“クールな北欧”といえば、いままで同郷の自動車メーカー「サーブ」にその印象が強かったが、四角四面だったボルボも、すこしずつ角がとれ、世慣れてきた。

もっとも、商売のほうでは以前から自他とも認める(?)手練れで、けっして多くないモデルラインナップを上手にやりくりして、消費者のボルボへの関心を途切れさせない。絶妙なスペシャルバージョンを創造して、個々のモデルの鮮度を可能な限り落とさない。“ヒトとは違うV70”で“都会派”を気取りたい(潜在)ボルボファンには、今度のクロボルボの登場は、「待ってました!」といったところだろう。

試乗前のブリーフィングで、「……(販売台数では)プジョーにお尻をカジられそうですが」とボルボスタッフの方が言ったあとに提示した資料が、300万円以上のプレミアムステーションワゴンの市場動向。ボルボV70は、BMW3シリーズ、アウディA4、メルセデスベンツCクラスのそれぞれワゴン版を抑えて……は、まぁ順当なれど、「トヨタ・クラウンエステート」の2倍近い5815台を売っている(2003年1-10月)のにはビックリ。もちろんボルボの方は口にはしなかったけれど、「小商いのプジョーとは土俵が違う」と言いたかったに違いない。もっと品のいい言葉で。

2003年1-11月間のいわゆる純輸入車市場において、ボルボは、フォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、BMWについで、第4位。登録台数はビーエムの半分以下だから、ドイツ御三家とはだいぶ水を空けられているけれど、セカンドグループの先頭を競りながら、健闘している。

なにはともあれ、V70ブラックサファイアで、2004年度のスタートダッシュを決めたいボルボジャパンである。

加速と乗り心地

ブラックサファイアの運転席は、8wayのパワーシート。アイボリーとオフブラックを組み合わせたインテリアは、外観によくマッチしていて、北欧的にカッコいい。クール!

ところが、エンジンをかけて、走り始めると、「ああ、ボルボだなぁ」と可笑しくなる。1991年デビューの「850」以来の5気筒は、ココロして回すとそれなりにスポーティなサウンドを発するのだが、普通の街乗りでは、くぐもった声でノンビリとボディを追い立てるだけ。「1560kg+3人乗車+機材」に140psだから、絶対的な加速力は“それなり”である。

一方、「ずいぶんとよくなった」と感じるのが足まわりで、17インチを履きながら、かつてのT5Rのような「穏和なスカジナビアン変じて暴れん坊に」的なオモシロさ……じゃなかった、アンバランスさがなくなった。たしかに路面によっては乗り心地がゴツゴツするけれど、格段に上がったボディ剛性の恩恵で、安心してドライブできる。





ちょっと気取っているけれど

ブラックサファイアは、本国ボルボのSV(スペシャル・ヴィークル)というディヴィジョンで企画されたそうで、日本以外でも同じ内外装でデリバリーされる。ただし、モデルの位置づけは各国のボルボに任されていて、ターボを積んでスポーティバージョンと定義する市場もあれば、カタログモデルに組み込むところもあるという。個人的には、「スペシャルな外観に合わせて“速い”V70にした方がいい」と考えたが、ボルボジャパンは、ターボモデル「T-5sport」との喰い合いを嫌い、また、価格を抑えて販売台数を重視したわけだ。

「やまなみハイウェイ」は適度なカーブが次々と現れる素敵なドライブコースで、黒いボルボで流すのが楽しい。別府に向かう途中では、温泉地らしく、蒸気がたちこめていたりする。ボルボのいいところは、いかなるときでもドライバーをせき立てないことで、ステアリングホイールを握りながら、外の景色を楽しめる。もちろん、前方に注意しながら。
ブラックサファイアは、ちょっと気取っているけれど、「退屈」を「リラックス」に変えるV70の特徴を、しっかり備えた特別仕様車だ。見かけは「クール」だけど、運転すると「ジェントル」であたたかい。


(文=webCGアオキ/写真=峰 昌宏/2003年12月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る