マツダ「RX-8 マツダスピードバージョン」を限定発売

2003.12.25 自動車ニュース

マツダ「RX-8 マツダスピードバージョン」を限定発売

マツダは、スポーツクーペ「RX-8」に、独自のパーツやチューニングを施してスポーツ性能を高めた「RX-8 マツダスピードバージョン」を設定。2004年2月中旬から、300台限定で発売する。

限定モデル「RX-8 マツダスピードバージョン」は、「RX-8」の上級グレードである「タイプS」(6MT)をベースに、専用のエンジンチューンを施したほか、モータースポーツ向け部品を含めたチューニングパーツやアクセサリーを開発している「マツダスピード」ブランドの製品を数多く装着した。
「エイト」が誇るロータリーエンジン「RENESIS」は、「伸び感」を向上させるために、専用フレッシュエアダクトや専用スポーツマフラーを採用。エンジンの吸気を効率化させるとともに、排気圧力を低減させた。吸排気系の変更に合わせ、「PCM(パワーコントロールモジュール)」とスパークプラグにも専用品を用い、安定した燃焼を実現したという。

「マツダスピード」ブランドのパーツは、多岐にわたって採用した。
エンジン関連では、冷却性能の高いオイルクーラーセットや軽量フライホイールなど。足まわりは、スポーツスプリングセット(20mmローダウン)やショックアブソーバー、ブレーキパッドセットを装着する。フロント/リアストラットバーとパフォーマンスバーのセットなどで、ボディ強化も行った。

エクステリアは、フロントノーズとリアアンダースカート、サイドスカートセット、リアウイング、マツダスピードオーナメントを装着。RX-8のチーフデザイナーの監修のもと、オリジナルのバランスを損なわずに走りの機能を表現したという。

価格は、ベース車より85.0万円高の360.0万円。

(webCG カワデ)

「マツダ RX-8」:
http://www.rx-8.mazda.co.jp/

 
マツダ「RX-8 マツダスピードバージョン」を限定発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RX-8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • マツダRX-8【試乗記(前編)】 2003.4.10 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    “ワールドワイドに待望の(!?)”ロータリースポーツが帰ってきた。「マツダRX-8」。フル4シーターにして、210/250ps。しかも、240.0万円からという魅力的な価格が設定されて……。『webCG』記者が、ツインリンクもてぎで乗った。


  • マツダRX-8【試乗記(中編)】 2003.4.12 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • マツダRX-8【試乗記(後編)】 2003.4.13 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • マツダRX-8 2008.3.30 画像・写真 2008年3月10日、マイナーチェンジされたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る