マツダ「ロードスター ターボ」を限定発売

2003.12.25 自動車ニュース

マツダ「ロードスター ターボ」を限定発売

マツダは、2シーターオープン「マツダ・ロードスター」に、1.8リッターターボエンジンを搭載した「ロードスター ターボ」を設定し、2004年2月上旬から限定発売すると発表した。販売台数は350台の予定で、価格は257.0万円。なお、ロードスター ターボは、通常の店頭に加え、「ウェブチューンファクトリー」でのインターネット販売も実施する。

注目のエンジンは、1.8リッター直4DOHC16バルブユニットに、ターボチャージャーとインタークーラーを装着したもの。最高出力172ps/6000rpm、最大トルクは21.3kgm/5500rpmと、「RS」などに搭載される1.8リッターNA(最高出力160ps/7000rpm、最大トルク17.3kgm/5500rpm)を大きく上まわる。トランスミッションは6段MTのみで、高出力に対応するため、ファイナルが3.909から4.100に変更された。

ターボ化に際しては、単なる高出力化だけでなく、低速域からよく高いトルクを発生させることに留意。低回転域から高回転域まで広範囲でフラットなトルクを発生させ、アクセルにリニアに反応する「人馬一体」の走りを追求したという。
また、トルクアップに対応させるため、パワートレインの強化やシャシーのチューニングを行った。具体的には、クラッチと6段マニュアルのトランスミッション、ドライブシャフトとプロペラシャフトなどを強化。トルセンLSDや、ビルシュタイン社製のダンパーと専用チェーンを施したローダウンサスペンション、17インチタイヤなど、走りに振ったアイテムを採用した。

エクステリアは、フロント/リア/リアアンダースポイラーを新デザインとしたほか、専用のオーナメントを採用し、スポーティに演出。インテリアは、ステアリングやシフトノブを本革巻とし、センターパネルやシフトパネルはメタル調を装着する。

(webCG カワデ)

マツダ「ロードスター」:
http://www.roadster.mazda.co.jp/
「ウェブチューンファクトリー」:
http://www.w-tune.com/

 
マツダ「ロードスター ターボ」を限定発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャルNEW 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7NEW 2017.3.30 特集 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る