トヨタ「ノア」「ヴォクシー」の福祉車両を一部改良

2003.12.25 自動車ニュース
 

トヨタ「ノア」「ヴォクシー」の福祉車両を一部改良

トヨタ自動車は、ミニバン「ノア」と「ヴォクシー」の福祉車両であるウェルキャブ(メーカー完成特装車)を一部改良し、2003年12月24日から発売を開始した。


TOP写真は「ノア 助手席リフトアップシート車」、下は「ヴォクシー サイドリフトアップシート車 脱着タイプ」
 

今回の一部改良では、「ノア」「ヴォクシー」それぞれの「助手席リフトアップシート車」と「サイドリフトアップシート車(標準タイプと脱着タイプ)」のリフトアップシートの操作性を向上させるため、電動リクライニングを採用した。このほか、シート幅を広げ、利用者の快適性も高めた。
また、「サイドリフトアップシート車」の脱着タイプは、シートを車いすとして使用する際の脱着操作方法を改良。車いすのホイールベースを拡大して、安定性を向上させるなどした。

価格は、「ノア」ウェルキャブが228.7万円〜268.7万円、「ヴォクシー」ウェルキャブは225.0万円〜265.0万円。

(webCG カワデ)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • 「トヨタ・シエンタ」に内装をおしゃれに飾った特別仕様車 2017.8.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年8月1日、コンパクトミニバン「シエンタ」に特別仕様車「G Cuero(クエロ)」を設定し、販売を開始した。「G」グレードをベースに合成皮革と上級ファブリックを組み合わせたシート表皮を採用するなど、おしゃれな室内空間が演出されている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る