トヨタ「ノア」「ヴォクシー」の福祉車両を一部改良

2003.12.25 自動車ニュース
 

トヨタ「ノア」「ヴォクシー」の福祉車両を一部改良

トヨタ自動車は、ミニバン「ノア」と「ヴォクシー」の福祉車両であるウェルキャブ(メーカー完成特装車)を一部改良し、2003年12月24日から発売を開始した。


TOP写真は「ノア 助手席リフトアップシート車」、下は「ヴォクシー サイドリフトアップシート車 脱着タイプ」
 

今回の一部改良では、「ノア」「ヴォクシー」それぞれの「助手席リフトアップシート車」と「サイドリフトアップシート車(標準タイプと脱着タイプ)」のリフトアップシートの操作性を向上させるため、電動リクライニングを採用した。このほか、シート幅を広げ、利用者の快適性も高めた。
また、「サイドリフトアップシート車」の脱着タイプは、シートを車いすとして使用する際の脱着操作方法を改良。車いすのホイールベースを拡大して、安定性を向上させるなどした。

価格は、「ノア」ウェルキャブが228.7万円〜268.7万円、「ヴォクシー」ウェルキャブは225.0万円〜265.0万円。

(webCG カワデ)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る