トヨタ「ノア」「ヴォクシー」の福祉車両を一部改良

2003.12.25 自動車ニュース
 

トヨタ「ノア」「ヴォクシー」の福祉車両を一部改良

トヨタ自動車は、ミニバン「ノア」と「ヴォクシー」の福祉車両であるウェルキャブ(メーカー完成特装車)を一部改良し、2003年12月24日から発売を開始した。


TOP写真は「ノア 助手席リフトアップシート車」、下は「ヴォクシー サイドリフトアップシート車 脱着タイプ」
 

今回の一部改良では、「ノア」「ヴォクシー」それぞれの「助手席リフトアップシート車」と「サイドリフトアップシート車(標準タイプと脱着タイプ)」のリフトアップシートの操作性を向上させるため、電動リクライニングを採用した。このほか、シート幅を広げ、利用者の快適性も高めた。
また、「サイドリフトアップシート車」の脱着タイプは、シートを車いすとして使用する際の脱着操作方法を改良。車いすのホイールベースを拡大して、安定性を向上させるなどした。

価格は、「ノア」ウェルキャブが228.7万円〜268.7万円、「ヴォクシー」ウェルキャブは225.0万円〜265.0万円。

(webCG カワデ)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

関連キーワード:
ノアトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:TRD/STI編)【... 2017.10.2 試乗記
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース