スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成

2003.12.25 自動車ニュース

スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成

富士重工業は2003年12月19日、主力車種である「スバル・レガシィ」の国内販売の累計台数が100万台に到達したと発表した。1989年2月に初代レガシィが登場して以来、14年11か月目での達成。

「クルマの本質的な魅力である『走り』を主張」、と同社が謳うレガシィは、1989年にデビュー。日本においてステーションワゴン市場を確立した、代表的車種であるといえる。

現行モデルは、2003年5月にフルモデルチェンジした4代目。ボディサイズが初めて3ナンバーに拡大されるなどの変化はあったが、「ボクサー」の異名を持つ水平対向エンジンと4WDの組み合わせは不変だ。2003年11月には、スバル車として初めて日本カー・オブ・ザ・イヤー(2003-2004年)に輝いた。

販売累計の内訳は、2003年12月10日現在でセダンが22万6893台、ワゴン77万3109台。平均月間販売台数は、セダンのB4とワゴンを合わせて5608台。

(webCG カワデ)

「スバル・レガシィ」:
http://www.subaru.co.jp/legacy/

 
スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
ホームへ戻る