スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成

2003.12.25 自動車ニュース

スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成

富士重工業は2003年12月19日、主力車種である「スバル・レガシィ」の国内販売の累計台数が100万台に到達したと発表した。1989年2月に初代レガシィが登場して以来、14年11か月目での達成。

「クルマの本質的な魅力である『走り』を主張」、と同社が謳うレガシィは、1989年にデビュー。日本においてステーションワゴン市場を確立した、代表的車種であるといえる。

現行モデルは、2003年5月にフルモデルチェンジした4代目。ボディサイズが初めて3ナンバーに拡大されるなどの変化はあったが、「ボクサー」の異名を持つ水平対向エンジンと4WDの組み合わせは不変だ。2003年11月には、スバル車として初めて日本カー・オブ・ザ・イヤー(2003-2004年)に輝いた。

販売累計の内訳は、2003年12月10日現在でセダンが22万6893台、ワゴン77万3109台。平均月間販売台数は、セダンのB4とワゴンを合わせて5608台。

(webCG カワデ)

「スバル・レガシィ」:
http://www.subaru.co.jp/legacy/

 
スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成の画像

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る