スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成

2003.12.25 自動車ニュース

スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成

富士重工業は2003年12月19日、主力車種である「スバル・レガシィ」の国内販売の累計台数が100万台に到達したと発表した。1989年2月に初代レガシィが登場して以来、14年11か月目での達成。

「クルマの本質的な魅力である『走り』を主張」、と同社が謳うレガシィは、1989年にデビュー。日本においてステーションワゴン市場を確立した、代表的車種であるといえる。

現行モデルは、2003年5月にフルモデルチェンジした4代目。ボディサイズが初めて3ナンバーに拡大されるなどの変化はあったが、「ボクサー」の異名を持つ水平対向エンジンと4WDの組み合わせは不変だ。2003年11月には、スバル車として初めて日本カー・オブ・ザ・イヤー(2003-2004年)に輝いた。

販売累計の内訳は、2003年12月10日現在でセダンが22万6893台、ワゴン77万3109台。平均月間販売台数は、セダンのB4とワゴンを合わせて5608台。

(webCG カワデ)

「スバル・レガシィ」:
http://www.subaru.co.jp/legacy/

 
スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成の画像

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバルが「WRX」シリーズを一部改良 安全装備を強化 2018.5.2 自動車ニュース スバルが「WRX S4/STI」に一部改良を実施。WRX S4に搭載されるアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良し、衝突回避支援機能を強化した。一方WRX STIには、メーカーオプションとして新たにサンルーフが設定された。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る