スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成

2003.12.25 自動車ニュース

スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成

富士重工業は2003年12月19日、主力車種である「スバル・レガシィ」の国内販売の累計台数が100万台に到達したと発表した。1989年2月に初代レガシィが登場して以来、14年11か月目での達成。

「クルマの本質的な魅力である『走り』を主張」、と同社が謳うレガシィは、1989年にデビュー。日本においてステーションワゴン市場を確立した、代表的車種であるといえる。

現行モデルは、2003年5月にフルモデルチェンジした4代目。ボディサイズが初めて3ナンバーに拡大されるなどの変化はあったが、「ボクサー」の異名を持つ水平対向エンジンと4WDの組み合わせは不変だ。2003年11月には、スバル車として初めて日本カー・オブ・ザ・イヤー(2003-2004年)に輝いた。

販売累計の内訳は、2003年12月10日現在でセダンが22万6893台、ワゴン77万3109台。平均月間販売台数は、セダンのB4とワゴンを合わせて5608台。

(webCG カワデ)

「スバル・レガシィ」:
http://www.subaru.co.jp/legacy/

 
スバル「レガシィ」が国内累計販売100万台達成の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る