スバル「インプレッサWRX」と「STi」バージョンにWRC記念車

2003.12.24 自動車ニュース

スバル「インプレッサWRX」と「STi」バージョンにWRC記念車

富士重工業は、2003年WRC(世界ラリー選手権)でのドライバーズチャンピオン獲得を記念して、スバル「インプレッサWRX STi」と「インプレッサWRX」に特別仕様車「2003 V-Limited」を設定、2003年12月22日から発売を開始した。内外装に、スポーティテイストを高めた装備が施される。

「WRX STi 2003V-Limited」は、「WRX STi」をベースに、2003年PC(プロダクションカー)WRCで3勝をあげた、新井敏弘選手のチューニングによる専用の減衰力調整式サスペンションを採用したことが目玉。減衰力を4段階で調節可能なことに加え、15mmローダウンされる。さらに、「STI(スバルテクニカインターナショナル)製フロント/アンダースカート」、「ルーフベンチレーター」などを特別装備する。トランスミッションは6段マニュアルで、外装色はWRブルーマイカのみ。台数は555台の限定となっており、価格はベースモデルより38.4万円高い335.0万円だ。

「WRX 2003V-Limited」は、「WRX」をベースに、フロントコーナースポイラーや大型リアスポイラー、STI製フロント/アンダースカートなどを装着。インテリアは、ブルーの専用フロントシートや、ドアトリム表皮などを採用する。ボディカラーはWRブルーマイカのみで、価格は、5MTがベース車プラス17.7万円の259.0万円、スポーツシフトE-4ATはベース車より15.5万円高い272.1万円。こちらは、2004年3月までの期間限定での発売となる。

問い合わせは、最寄りのスバル販売会社もしくはフリーダイヤル(0120-052215)まで。

(webCG カワデ)

スバル「インプレッサWRX」:
http://www.subaru.co.jp/impreza/wrx/01/

 
スバル「インプレッサWRX」と「STi」バージョンにWRC記念車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る