【スペック】M:全長×全幅×全高=4765×1800×1550mm/ホイールベース=2830mm/駆動方式=FF/車重=1620kg/2.4リッター直4DOHC16バルブ(160ps/5500rpm、22.2kgm/4500rpm)/車両本体価格=230.0万円(テスト車=282.5万円/リアカメラ付き音声認識Honda・HDDナビゲーションシステム+プログレッシブコマンダー=35.5万円/AFS(アダプティブ・フロントライティングシステム)=5.0万円/パワーユーティリティーパッケージ=13.0万円)

ホンダ・オデッセイM FF(CVT)【試乗記】

悪そうだが、涙もろい 2003.12.23 試乗記 ホンダ・オデッセイM FF(CVT)……282.5万円立体駐車場に入れられる3代目「ホンダ・オデッセイ」は、つまりどういうクルマなのか? 『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が、ニューモデルに乗って考えた。

勝ち気な人から生まれたミニバン

クルマは作った人を語る。初代のオデッセイは、それまでの所帯じみた多くの国産ミニバンとはまったく違って、生活臭の少ないあか抜けた印象が何よりも魅力だった。他のミニバンより知的な感じさえしたものだ。
大ヒットとなったこのモデルの開発に携わったのが杉山智之さんで、今でもおつき合いさせていただいている彼は、初代オデッセイどおりの知的でジェントルな方である。

で今回は3代目。最初に見たときには「おお、悪そうになったな!」と感じたところにLPLの竹村宏さんにお目にかかり、何となく納得した。誤解しないでいただきたい。別に竹村さんは悪い人でもないし、ジェントルマンでもある。でも、何か妙な気迫があるのだ。実際にすごく勝ち気なタイプだという評判だが、それはそのまま新型オデッセイにも表れている。

初代オデッセイは、ミニバンを「茶の間クルマ」から「リビングあるいはスタジオ」へと変えた。そして3代目もまたミニバンに新しい価値を付与した。極限するならパーソナルカーとしてのミニバンとでもいった感じを与えた。単に屋根が低くて駐車場に入れやすいだけじゃないし、重心が低いおかげでハンドリングが向上しているということだけでもない。「走って楽しくなければミニバンといえどもクルマじゃない」、そう訴えるタイプになったのだ。
その性格がもっともシンボリックに表れているのがアブソルートだが、今回乗った“標準型”というべき「タイプM」でも、その基本姿勢は変わらなかった。



ホンダ・オデッセイM FF(CVT)【試乗記】の画像
写真をクリックすすとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックすすとシートが倒れるさまが見られます。

よくできた乗用車

Mタイプでも結構鋭い目でにらみを効かせた形を意識しながら新型に乗る。低めのポジションだけでも「疲れたサラリーマンのオトーサン」といった気分は薄くなる。確かにアイポイトはこの種のクルマとしては低いが、通常のセダンよりはやや高い。ちょっと新鮮な感覚である。かといって上下に薄いという感じもない。開発スタッフの、フロアを低めようとした懸命な努力がうかがい知れる。

ただしルーフも低めたための弊害がまたある。それはAピラーを大きく傾けざるを得なくなったことで、しかも衝突安全性も確保しなければならないから、この斜めのピラーがひどく太い。
実はこのクルマに初めて乗ったのは、ホンダのテストコースでだった。ヨーロッパの道を模したそこでは、敢えて右ハンドルのまま右側通行した。そんな状況ではひどく右前の見切りが悪かった。これに比べれば通常路の左側通行では多少救われるが、それでも狭い道で対向車が現れたときは注意が必要だ。

これを除くなら新型オデッセイは、“よくできたミニバン”というよりは、“よくできた乗用車”だった。つまり比較的水準の高い乗用車でありながら、サードシートも持っていて7人乗れるクルマと理解した方がいい。慣れるまでは何となくボディの長さが気になるが、意外と小まわりがきくのもいい。





アブソルートはいらない?

2.4リッターのエンジンはノーマルでは160psだが、それでもそこはエンジンのホンダ。全域スムーズで気持ちがいいし、大きなボディにふさわしい中低速トルクを持つ。それ以上にCVTに感心した。ホンダのCVTはどんどん進化している。別に普段は使わなくても、マニュアルモードだと7段切りというのも面白い。
215/60R16の「ダンロップSPスポート230」が与える乗り心地もかなりいい。速度の如何に関わらず、フランス車のようなしなやかさが感じられるし、ノイズも比較的少ない。ハンドリングもミニバンとしては相当に軽快だから、個人的にはアブソルートは要らないと感じた。

一見突っ張っていて悪そうだけど、実は意外となみだもろい人。新型オデッセイはそんなクルマである。たぶん、竹村さんもそういう人だろう。

(文=webCG大川 悠/写真=荒川正幸/2003年12月)


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オデッセイの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る