富士重工業、創立50年を記念し「レガシィ」「インプレッサ」に特別仕様車

2003.12.23 自動車ニュース
 

富士重工業、創立50年を記念し「レガシィ」「インプレッサ」に特別仕様車

富士重工業は、創立50周年を記念して、「レガシィ 」と「インプレッサ」に特別仕様車「50th Anniversaryシリーズ」を設定、2003年12月22日から発売を始めた。販売期間は2004年3月までの限定。



 

「レガシィ 50th Anniversary」は、「ツーリングワゴン」と「B4」の「2.0R」「2.0GT」グレードがベース。内装色にアイボリーを施し、シート素材には本革も含む専用シートを採用した。アルミホイールにはハイラスター(光輝)塗装を施し、上質感を与えたという。

「インプレッサ 50th Anniversary」は、「スポーツワゴン」と「セダン」の「15i」がベース。アイボリーと黒のコンビネーションを施した専用シートとドアトリムをはじめ、専用ブラックメーターや14インチアルミホイール、MOMO製ステアリングホイールなどを装備し、スポーティさとカジュアル感を強調した。

50周年記念モデルのラインナップと価格は以下の通り。かっこ内は、ベース車との比較。

●レガシィ・ツーリングワゴン
「2.0R」5MT:255.5万円(+15.5万円)
  スポーツシフトE-4AT:260.5万円(+15.5万円)
「2.0GT」5MT:300.5万円(+12.5万円)
  スポーツシフトE-5AT:307.5万円(+12.5万円)
●レガシィ・B4
「2.0R」5MT:241.0万円(+16.0万円)
  スポーツシフトE-4AT:246.0万円(+16.0万円)
「2.0GT」5MT:286.0万円(+13.0万円)
  スポーツシフトE-5AT:293.0万円(+13.0万円)
●インプレッサ(スポーツワゴン、セダンとも)
FF/5MT:126.8万円(+7.0万円)
FF/E-4AT:136.1万円(+7.0万円)
4WD/5MT:144.8万円(+7.0万円)
4WD/E-4AT:154.1万円(+7.0万円)

(webCG カワデ)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(後編) 2017.12.21 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スバルWRX STI」に試乗する。ドライブトレインや足まわりの熟成が一段と進んだ最新型のフットワークやいかに? 谷口視点でクールに解説する!
  • 「水野和敏的視点」 vol.70 「スバルWRX STI」 2014.10.10 mobileCG スバルのスポーツモデル「WRX STI」を、ミスターGT-Rはどう評価する?
ホームへ戻る