富士重工業、創立50年を記念し「レガシィ」「インプレッサ」に特別仕様車

2003.12.23 自動車ニュース
 

富士重工業、創立50年を記念し「レガシィ」「インプレッサ」に特別仕様車

富士重工業は、創立50周年を記念して、「レガシィ 」と「インプレッサ」に特別仕様車「50th Anniversaryシリーズ」を設定、2003年12月22日から発売を始めた。販売期間は2004年3月までの限定。



 

「レガシィ 50th Anniversary」は、「ツーリングワゴン」と「B4」の「2.0R」「2.0GT」グレードがベース。内装色にアイボリーを施し、シート素材には本革も含む専用シートを採用した。アルミホイールにはハイラスター(光輝)塗装を施し、上質感を与えたという。

「インプレッサ 50th Anniversary」は、「スポーツワゴン」と「セダン」の「15i」がベース。アイボリーと黒のコンビネーションを施した専用シートとドアトリムをはじめ、専用ブラックメーターや14インチアルミホイール、MOMO製ステアリングホイールなどを装備し、スポーティさとカジュアル感を強調した。

50周年記念モデルのラインナップと価格は以下の通り。かっこ内は、ベース車との比較。

●レガシィ・ツーリングワゴン
「2.0R」5MT:255.5万円(+15.5万円)
  スポーツシフトE-4AT:260.5万円(+15.5万円)
「2.0GT」5MT:300.5万円(+12.5万円)
  スポーツシフトE-5AT:307.5万円(+12.5万円)
●レガシィ・B4
「2.0R」5MT:241.0万円(+16.0万円)
  スポーツシフトE-4AT:246.0万円(+16.0万円)
「2.0GT」5MT:286.0万円(+13.0万円)
  スポーツシフトE-5AT:293.0万円(+13.0万円)
●インプレッサ(スポーツワゴン、セダンとも)
FF/5MT:126.8万円(+7.0万円)
FF/E-4AT:136.1万円(+7.0万円)
4WD/5MT:144.8万円(+7.0万円)
4WD/E-4AT:154.1万円(+7.0万円)

(webCG カワデ)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る