富士重工業、創立50年を記念し「レガシィ」「インプレッサ」に特別仕様車

2003.12.23 自動車ニュース
 

富士重工業、創立50年を記念し「レガシィ」「インプレッサ」に特別仕様車

富士重工業は、創立50周年を記念して、「レガシィ 」と「インプレッサ」に特別仕様車「50th Anniversaryシリーズ」を設定、2003年12月22日から発売を始めた。販売期間は2004年3月までの限定。



 

「レガシィ 50th Anniversary」は、「ツーリングワゴン」と「B4」の「2.0R」「2.0GT」グレードがベース。内装色にアイボリーを施し、シート素材には本革も含む専用シートを採用した。アルミホイールにはハイラスター(光輝)塗装を施し、上質感を与えたという。

「インプレッサ 50th Anniversary」は、「スポーツワゴン」と「セダン」の「15i」がベース。アイボリーと黒のコンビネーションを施した専用シートとドアトリムをはじめ、専用ブラックメーターや14インチアルミホイール、MOMO製ステアリングホイールなどを装備し、スポーティさとカジュアル感を強調した。

50周年記念モデルのラインナップと価格は以下の通り。かっこ内は、ベース車との比較。

●レガシィ・ツーリングワゴン
「2.0R」5MT:255.5万円(+15.5万円)
  スポーツシフトE-4AT:260.5万円(+15.5万円)
「2.0GT」5MT:300.5万円(+12.5万円)
  スポーツシフトE-5AT:307.5万円(+12.5万円)
●レガシィ・B4
「2.0R」5MT:241.0万円(+16.0万円)
  スポーツシフトE-4AT:246.0万円(+16.0万円)
「2.0GT」5MT:286.0万円(+13.0万円)
  スポーツシフトE-5AT:293.0万円(+13.0万円)
●インプレッサ(スポーツワゴン、セダンとも)
FF/5MT:126.8万円(+7.0万円)
FF/E-4AT:136.1万円(+7.0万円)
4WD/5MT:144.8万円(+7.0万円)
4WD/E-4AT:154.1万円(+7.0万円)

(webCG カワデ)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る