マツダ「アクセラ23S」に5段MT仕様を追加

2003.12.22 自動車ニュース

マツダ「アクセラ23S」に5段MT仕様を追加

マツダは、コンパクトカー「アクセラ」セダンと、ハッチバック「アクセラスポーツ」のスポーティグレード「23S」に、5段MT搭載車を追加設定。2003年12月19日から販売を開始した。

「23S」は、2.3リッター直4(171ps、21.8kgm)を搭載し、各種エアロパーツでスポーティに装ったトップグレード。従来は4段ATのみのラインナップだったが、03年10月のデビューから2ヶ月を経て、5段MTモデルが追加された。

「23S」の5段マニュアルトランスミッションは、基本的に、同型のエンジンを搭載する「アテンザ23S」のものと同じ。一方、ショートストローク化や、1-2速に連結式ダブルコーンシンクロの採用。ロッドやレバーの改良などにより摩擦抵抗を低減し、素早く快適なシフトフィールを実現したという。
ギア比は、3速をアテンザ23Zの1.233から1.310に落とし、1から4速をクロース。シフトアップ時のエンジン回転の落ち込みを抑える、スポーティなセッティングとなった。マツダのエンジニア氏によれば、「キビキビ走る、アクセラのキャラクターを重視しました」とのことだ。

価格は、ハッチバックの「アクセラスポーツ23S」、セダンの「アクセラ23S」とも、4段AT仕様より8.5万円安い、186.5万円。

(webCG 本諏訪)

マツダ「アクセラ」:
http://www.axela.mazda.co.jp/

 
マツダ「アクセラ23S」に5段MT仕様を追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る