マツダ「アクセラ23S」に5段MT仕様を追加

2003.12.22 自動車ニュース

マツダ「アクセラ23S」に5段MT仕様を追加

マツダは、コンパクトカー「アクセラ」セダンと、ハッチバック「アクセラスポーツ」のスポーティグレード「23S」に、5段MT搭載車を追加設定。2003年12月19日から販売を開始した。

「23S」は、2.3リッター直4(171ps、21.8kgm)を搭載し、各種エアロパーツでスポーティに装ったトップグレード。従来は4段ATのみのラインナップだったが、03年10月のデビューから2ヶ月を経て、5段MTモデルが追加された。

「23S」の5段マニュアルトランスミッションは、基本的に、同型のエンジンを搭載する「アテンザ23S」のものと同じ。一方、ショートストローク化や、1-2速に連結式ダブルコーンシンクロの採用。ロッドやレバーの改良などにより摩擦抵抗を低減し、素早く快適なシフトフィールを実現したという。
ギア比は、3速をアテンザ23Zの1.233から1.310に落とし、1から4速をクロース。シフトアップ時のエンジン回転の落ち込みを抑える、スポーティなセッティングとなった。マツダのエンジニア氏によれば、「キビキビ走る、アクセラのキャラクターを重視しました」とのことだ。

価格は、ハッチバックの「アクセラスポーツ23S」、セダンの「アクセラ23S」とも、4段AT仕様より8.5万円安い、186.5万円。

(webCG 本諏訪)

マツダ「アクセラ」:
http://www.axela.mazda.co.jp/

 
マツダ「アクセラ23S」に5段MT仕様を追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る