【スペック】R2「i」:全長×全幅×全高=3395×1475×1520mm/ホイールベース=2360mm/車重=800kg/駆動方式=FF/0.66リッター直列4気筒SOHC16バルブ(46ps/6000rpm、5.9kgm/5200rpm)/車両本体価格=91.0万円

スバルR2(CVT)【試乗記(前編)】

驚かすのは、鬼面のみならず(前編) 2003.12.19 試乗記 スバルR2(CVT)……86.0〜140.0万円四角いハイトワゴン系「プレオ」転じて、ヒコーキメーカーの流れを強調したデザインを内外に採用した、ワンモーションフォルムの「R2」に。新しいスバルの軽自動車はどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキがプレス試乗会に参加した。
オフブラック内装。これは「S」のインパネ

オフブラック内装。これは「S」のインパネ


スバルR2(CVT)【試乗記(前編)】の画像

フォレスター、レガシィ、R2

「R2」は、実にまっとうなクルマだった。2003年の東京モーターショーで披露され、ヒトを驚かす鬼面(!?)ばかりが話題になったスバルの新型「軽」。プレス試乗会に赴いたリポーターの興味も、もっぱら「街で見たらどうだろう?」にあったのだが、実際にステアリングホイールを握ってビックリ! スバルR2は、「軽自動車」というより、小さな小型車だった。ドライブフィールがしっかりしている。

試乗を終え、R2の開発をとりまとめた西尾貞典スバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーに感想を述べると、“純然たる技術者”のイメージをもつ西尾さんは、その理由として、まず「ボディのつくり」を挙げられた。軽量化を果たしつつ「従来の1.8倍ものボディ剛性を得ました」と、西尾さんはおっしゃる。
「フォレスター」で導入をはじめ、「レガシィ」で花開いた(とリポーターが勝手に考えている)“軽く強い”ボディをつくる技術−−高張力鋼板の多用や厚さの違う鉄板をプレス加工する「テーラードブランク」、蓄積された解析データなど−−が、富士重工のニューミニに惜しげなく投入された。
カタログに記載されるR2の車重は770-870kg。先輩の「プレオ」が790-940kg。もともとウェイトの削り代が小さい軽自動車にして、かつ新しい衝突安全技術ほかを採り入れ、ボディ剛性を上げながらだから、そうとうガンバッタんじゃないでしょうか。広報資料によると、ボディそのもので30kg軽くなったという。



スバルR2(CVT)【試乗記(前編)】の画像
アイボリー内装。「R」のインパネ

アイボリー内装。「R」のインパネ
【スペック】
R2「S」:全長×全幅×全高=3395×1475×1525mm/ホイールベース=2360mm/車重=870kg/駆動方式=4WD/0.66リッター直列4気筒DOHC16バルブスーパーチャージャー・インタークーラー付(64ps/6000rpm、10.5kgm/3200rpm)/車両本体価格=140.0万円

【スペック】
    R2「S」:全長×全幅×全高=3395×1475×1525mm/ホイールベース=2360mm/車重=870kg/駆動方式=4WD/0.66リッター直列4気筒DOHC16バルブスーパーチャージャー・インタークーラー付(64ps/6000rpm、10.5kgm/3200rpm)/車両本体価格=140.0万円

デザインを守る

試乗前の最大の関心事であったエクステリアについて自分なりにまとめると、「フェイスは意外に違和感ない」「サイドは、ちょっと“ビジィ”かなぁ」「リアビューは明らかに“変”」。
特に斜め後ろからのスタイルは独特で、試乗会場に戻るテスト車の1台を追いかけながら観察すると、四隅のタイヤを強調するホイールアーチ、やけに上に位置するリアグラスとストップランプ、絶対的なハイトはないのに、上下方向に妙な“間延び感”があるのがわかった。21世紀のニッポンにいることを実感させるクルマである。

好き嫌いが分かれるだろうことは、R2の開発陣も認めていて、……ハナシのポイントがずれるのだが、印象的だったのは、オリジナルのデザインを守るために、エンジニアの方々が「非常な苦労をした」ということを、楽しげに話される姿だった。
「……ヘッドライトは、(表面上はともかく)実際にはランプを埋め込まなければいけないわけで、元のデザインを実現するためには、コンポーネンツが(エンジンルーム内の)かなり後ろに置かれ、するとエアクリーナーが押され、性能を出したいエンジン担当者と口論になる……」。
おそらく、「ハードウェアはすばらしいけれど、いまひとつあか抜けない」というスバル車の定評(!?)を払拭する必要性が、開発の現場レベルまで浸透してきたのだろう。

2002年3月28日に、富士重工は、元アルファロメオのアンドレアス・ザパティナス氏を、同社のアドバンスト・デザイン担当のチーフデザイナーとして起用することを発表した。R2に関しては、開発の進捗度合いから、社内でまとめたデザインに、ザパティナス氏が多少の手直しを加えた程度だというが、今後のスバル車は、ハードウェアのみならず、デザイン面でも声高に主張していくことが感じられる。よくも悪くも。(後編へつづく)

(文=webCGアオキ/写真=峰 昌宏/2003年12月)

・スバルR2【短評(後編)】(2003/12/20)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000014505.html

関連記事
  • スバル、新型「プレオ プラス」を発売 2017.5.9 自動車ニュース スバルは2017年5月9日、新型「プレオ プラス」を発売した。兄弟車の「ダイハツ・ミラ イース」と足並みをそろえて安全性能を強化したほか、使い勝手や走行性能、燃費性能などを改善した。車両価格は89万6400~135万円。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • 新型「スバル・プレオ」がデビュー 2010.4.20 自動車ニュース 富士重工業は2010年4月20日、軽乗用車「プレオ」の新型を発売した。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸NEW 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
ホームへ戻る