日産「バネットバン」「バネットトラック」を一部改良

2003.12.18 自動車ニュース

日産「バネットバン」「バネットトラック」を一部改良

日産自動車は、生産供給をマツダに委託する商用車「バネットバン」と「バネットトラック」について、ディーゼルエンジンを新環境基準に適合させるなどの一部改良を行い、2003年12月16日から発売を始めた。

バネットバンとバネットトラックは、1993年10月にマツダとの間で締結した「商品相互供給に関する基本契約」に基づき、マツダから生産供給を受けて、日産車種として販売する、いわゆるOEMモデル。ベースはマツダの「ボンゴバン」と「ボンゴトラック」で、今回の一部改良は、先の「ボンゴシリーズ」に施された内容に準ずる。(マツダ「ボンゴ」に新開発のディーゼルエンジンを搭載:http://www.webcg.net/WEBCG/news/000014455.html

今回の一部改良のメイントピックは、新開発の2リッターディーゼルターボエンジンの採用だ。新エンジンの搭載で、「自動車NOx・PM法」、「平成15年排出ガス規制(新短期規制)」、「首都圏ディーゼル車規制条例」のすべてをパス。3大都市圏での登録などが可能になった。
新しいディーゼルエンジンは、小型で効率的なターボチャージャーとコモンレール式直噴装置を採用。従来のディーゼルエンジンと比べて、最高出力、最大トルク、燃費性能が高まった。ちなみに、ガソリンエンジン車の最高出力も高められている。

そのほか、全車のシート生地を変更したほか、運転席プリテンショナー付シートベルトを採用するなどのリファインも行われている。一部改良に伴い、バンはガソリン車を13種、トラックのディーゼル車を7種追加し、ラインナップを充実した。

バネットバン、バネットトラックの主なモデルと価格は以下の通り。
「バネットバン」
●1.8リッターガソリンエンジン
「CD」(2WD、5MT):130.8万円
「DX」(2WD、4AT):147.2万円
「VX」(2WD、4AT):178.0万円
●2リッターディーゼルターボエンジン
 「VX」(4WD、4AT):226.9万円

「バネットトラック」
●1.8リッターガソリンエンジン
「DX」(2WD、5MT):124.4万円
●2リッターディーゼルターボエンジン
「GL」(2WD、5MT):158.5万円
「DX」(4WD、5MT):175.6万円

(webCG カワデ)

日産自動車「バネット」:http://www.nissan.co.jp/VANETTE/

 
日産「バネットバン」「バネットトラック」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NV200バネットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る